雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ネットショップ

支払いの流れや支払い額はしっかり明記しておく

投稿日:2015年5月15日 更新日:

・支払いの流れや支払い額はしっかり明記

振込みの場合、手数料は顧客に負担してもらうのが一般的ですが、クレジットカード決済やコンビニ決済の場合、支払い手数料はネットショップが負担する例もあります。手数料を誰が負担するのかは、はっきりわかるように記載しておきましょう。

いろいろな支払い方法を導入する場合、各方法によって代金を払う時期や送料、手数料などが異なります。それぞれに対してきちんと送料や手数料がいくらかを明記し、代金前払いか後払いかなども必ず顧客に確認するようにします。

商品到着前に代金を支払うのは不安

ネットショップ開設当初は軌道に乗るまで支払い方法は少なくても結構ですが、軌道に乗った際はクレジットカード決済やコンビニ決済といった便利な支払い方法を導入し、使い勝手をさらによくしましょう。銀行に行って代金を振込むのが面倒なのでクレジットカードで支払いは済ませたいなど、顧客の要望はさまざまです。

こうしたニーズに対応できるよう、複数の決済方法を用意しておきましょう。決済方法によっては利用するのに月額使用料が発生したり、料金ごとに手数料が発生することがありますが、代金回収を代行するサービスもあり、代金回収の手間がなくなるので、こうしたサービスを利用してもいいでしょう。

決済方法はどうするか

ネットショップでは、顧客がどのように代金を支払うか、複数の方法から選べるようになっているのが一般的です。銀行振込といった定番の支払い方法から、最近普及してきた電子マネーやコンビニ決済まで、いろいろな支払い方法の中から顧客が都合のよい方法を選択できるようにしておきましょう。

主な決済方法の種類と、それぞれの特徴を知っておきましょう。購入代金をどんな方法で支払ってもらうかは、ネットショップにとって重要な問題です。

ラッピング

包装紙やリボンは複数の種類を用意し、顧客が選べるようにしておくと、プレゼントの中身や好みに応じて決められるので喜ばれます。ただし、簡易包装で十分という顧客もいるので、ラッピングの有無は注文時に必ず確認しましょう。

最初は上手に包装できなくても、繰り返し練習してコツをつかめば上達します。まずはいろいろなショップのラッピングを参考に、研究してみましょう。

ネットで稼ぎたいなら、ポイントサイトがおすすめです。私が一番稼げているのはポイントサイトは、げん玉(会員数500万人)というサイトで、ここなら毎月5万円は稼げます!

-ネットショップ

執筆者:

関連記事

no image

webページテストの検証を行う

・ランディングページのテスト・検証を行う 異なる表現のランディングページを複数用意し、効果を検証する方法があります。異なる表現のランディングページを複数用意し、それぞれを均等配信して、効果を検証するも …

no image

相互リンクSEOを行いアクセスを伸ばす手法

~無料で行えるプロモーション手法~ 無料で簡単にプロモーションができる手法はあります。相互リンクといって、他のサイトと相互にリンクを作成する手法です。解説していきましょう。 相互リンクを行うには、さま …

no image

副業でのショップ運営を会社に知られたくない場合

会社に知られないようにするには、どうしたらよいでしょうか。まず、年間の副業収入が20万円以下の場合、確定申告の必要はありません。この条件にあてはまるなら、自分さえ黙っていれば会社に伝わる心配はないでし …

no image

ユーザーのニーズとマッチ-リスティング広告はクリック率が高い

・ユーザーのニーズとマッチしているためクリック率が高い リスティング広告の場合、ユーザーは何かしらの目的をもって検索キーワードを入力しています。従来のバナー広告は、掲載するウェブサイトに広告の画像を貼 …

no image

ネットショップの構築に時間をかけるよりも

・時間をかけるに値する作業か? ネットショップ構築に時間をかけることは、ショップオーナー自身が、店舗の建築からはじめるようなもの。慣れていないなら専門家に任せて1日も早いオープンを目指した方が効率的。 …