雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

優れた使役犬などの犬種を作りあげるのは性格と知能の組み合わせ

投稿日:

優れた使役犬・家庭犬を作りあげるのは性格と知能の組み合わせである。性格テストで上位に入った犬は、人間の指示に従って働く素晴らしい服従犬になる可能性がきわめて高い。作業・服従知能の成績は良くないが、性格テストの結果は良く、順応的知能もかなり高いという犬は、優れた仕事をこなす貴重な犬といえるだろう。犬がその賢さの水準にまで人間を引き上げられたためしは滅多になく、人間が犬を自分の水準にまで引きずり下ろすことのほうが多い。

望ましい性格を作る犬の作業・服従知能に大きな役割をはたす性格的要素がふたつある。ひとつは犬が優位性や支配権をめぐって戦おうとせず、人間のリーダーシップを喜んで受け入れることである。ひとつは人間に対する犬の志向で、人間の行動に注意を払い、人間との社会的関わりを求めることなどがそれにあたる。人間の場合と同じく、犬の知能は不変ではなく、育ち方や暮らし方に影響を受ける。

顕在知能を左右する四つの主要素

顕在知能を左右する四つの主要素ー本能的知能、順応的知能、作業・服従知能、そして性格的要素ーは、いずれも改善が可能である。テクニックが最も効果を発揮するのは子犬の時期で(ただし青年期の犬、若い成犬でも、かなり反応できる)、その多くは、新しく犬を迎えてからできるだけ早く始めたほうがいい。子犬を新しく迎えたとき、その最も重要な時期を逃さず適切な経験をさせれば、のちの作業・服従能力の基礎となる性格を作りあげることができる。

犬の性格形成は、子犬の時期に始めるのが望ましい。子犬は生後七週間ぐらいまでは一腹子の兄弟たちと一緒にいたほうがいい。ふつうの飼い主の場合、最も重要な時期は犬が生後七週間から一二週間のあいだである。この期間に犬らしさが育成され、大同士を仲間と認め、ほかの犬との関わりに必要な基本行動が学びとられる。この時期の社会的接触は重要で、一腹子の数が少ない(たとえば一、二頭の)場合は、人為的にそれを補足してやる必要もある。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

犬種によって知能に大きな差がある

どんな犬の専門家に訳ねても、犬種によって知能に大きな差があるという。そして、たとえばこれこれの犬種は優れ、これこれの犬種は知能に限界があると熱弁をふるうだろう。そして彼らの評価は作業・服従知能、にもと …

no image

犬の行動をある程度修正できる可能性は常に残されている

遺伝的に受け継がれた行動パターンがどうあれ、犬の行動をある程度修正できる可能性は常に残されている。ただし本能的知能によって修正しやすいものと、しにくいものとがある。その成功率は犬種とどの点を変えさせた …

no image

野生の雑種犬と家犬の交雑から現在知られている犬種が生まれた

犬の専門家の中にはマイケル・フォックスを例として、家犬は野生犬のだれかが進化したのだと考える人たちもいる。ほかの家犬はほとんどが年に二度発情期を迎えるのに対し、バセンジーの雌は一年に一度しか発情期を迎 …

no image

子犬は暮らしの中にあふれる危険を回避することはできません

子犬は暮らしの中にあふれる危険を回避することはできません。飼い主の不注意による、散歩中や室内での事故やけがなどは少なくないので、飼い主は常に安全管理をかなり心がける必要があります。また、体重や体温のチ …

no image

子犬の散歩トレーニングなどの方法

犬は子犬の頃からトレーニングするとよいといわれている。犬がまだ幼いあいだに、自主トレーニングと名づけたものを開始する。これは犬の服従訓練のごく初歩のものだが、正式な訓練は必要としない。接近学習で下地が …