雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

シボレーブランド導入後の実績27%増加、マリブ世界初の国内発売

投稿日:

・シボレー導入後の実績27%増加「マリブ」世界初の国内発売

韓国GM(社長マイク赤門)がシボレーブランドの韓国市場導入以来、肯定的な評価を受けていることが分かった。韓国GMは、仁川富平工場での記者懇談会で、シボレーブランドの導入6ヶ月間の成果を評価し、発展計画を発表しました。マイクアカモン社長はこの日、「シボレー導入以来、過去6ヶ月間の車両販売台数は前年同期比27%成長した」と明らかにした後、「下半期お目見えするようになる新車と革新的なブランドプロモーションを介して成長を加速するだろう」と述べた。

彼は「韓国市場でのブランドイメージ調査の結果、回答者のうち98%が「シボレー·を知っていた」、55%は「今後、車両の購入にシボレーを考慮している」と答えた」と「シボレーの韓国市場定着を終えた状況」と自信を持った。アカモン社長は韓国GM 5カ年発展計画と国内市場の成長のための「プラン(PLAN)2015」で△収益の増加(Profitability)△人材開発(Local Talent)△顧客満足度(A + Customer Satisfaction)△最高品質(Number 1 in Quality)などの4つの重点事項を積極的に推進すると明らかにした。

マリブの外観と内部のデザインの一部を公開

一方、韓国GMは発売が予定された中型セダン「マリブ」の外観と内部のデザインの一部を公開した。公開されたマリブは、2つの長方形が並んで付いている形の尾など(テールランプ)と8インチナビの後ろに隠れている秘密のスペースが目を引いた。

室内は黒とブラウン、2色混ぜた混色の3つの色で作った。18インチのアロイホイールを装着した。スポーツカーに似たようダイナミックな中央集中型のスロットルと照明がすっきりした。マリブは、世界で初めて韓国市場に発売した後、今年末から海外への輸出を開始する。来年半ばまでに世界市場で販売する計画であった。また、準大型セダンアルフェオンの燃費車種である「アルフェオンe-アシスト」を10月ごろ発売する予定だった。e-アシストは、既存アルフェオンより燃費が30%改善されたモデルである。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

FF車の開発と暗中模索

スバルFFー1スポーツ(一九六八(昭和四三年発売)を開発するときにリヤ・サス(トレーリング・アーム式)の横剛性を上げてみた。実際はバン用のサスに変えてみたところ、安定性が格段に向上しびっくりしたもので …

no image

中古車は細かい整備注文で元を取るとよい

細かい注文を次から次へと出すのはずうずうしいと感じるかもしれないが、中古車の場合、整備代という名目で多額の金額が徴収されていれば、なにも遠慮する必要はない。中古車の場合、タイヤ交換は自腹というのが基本 …

no image

車のブレーキの温度と過酷な試験

車のブレーキの温度と過酷な試験。ドラム・ブレーキ全盛時代に、軽自動車のブレーキ試験で経験したブレーキと温度のお話。その降坂はブレーキの過酷な試験に最適で、ここを往復するとブレーキだけではなく、車の動力 …

no image

中古車検索サイトを利用して情報を得ると10倍見つかる

インターネットのサーチェンジンで、中古車を探すと、ヒット数は1千万件以上の数がある。最近はインターネットでもバカにできないほど大量の中古車情報を入手できるようになってきた。まず最初に紹介したいのが、最 …

no image

willサイファの評価-コンパクトカーなのに取りまわし性が悪い

WiLLとは、トヨタが参加している異業種合同プロジェクト。トヨタのマークは付かないが、ほかの車種と同じくカローラ店とネッツ店で買える。トヨタではVi、VSの順でWiLLブランドの車種を投入、WiLLサ …