雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

シートアレンジが便利にちがいないと思いこむのは早計

投稿日:2014年10月31日 更新日:

シートアレンジの操作の仕方は、あまり複雑では使いにくい。かんたんに動かすことができるかどうかも試すこと。ミニバンやワンボックスカーでは、いろいろとシートアレンジできる点が売りのひとつになっているものも多い。たしかに一見便利そうだが、じっさいに使ってみると、話は別という場合もある。アレンジが多彩だから便利にちがいないと思いこむのはちょっと早計だ。

さまざまにアレンジできすぎるために、かえって全体を使いにくくしていることもあるからだ。じっさいに乗ったときにどう使うのかを、よく検討してみよう。

ABSは必須

ABSがオプション装備なら、ぜったいに優先させよう。これは急ブレーキをかけて車が滑り始めたとき、コンピュータがそれを察知して、自動的にごくごく短い時間に何回もブレーキをかけたり離したりすることにより、スピンを防いでくれるというもの。ABS・アンチロック・ブレーキ・システムは、じつに優秀なシステムで、今後車を買うなら、絶対に搭載車を買うようにしたほうがいい。

かつてはロック寸前までブレーキを踏みこまないと効果がないことから、作動させるのがむずかしいといわれていたが、現在ではそんな問題点もない。つまり、エアバッグが事故を起こしてから身を守ってくれるシステムであるのに対して、事故が起きる前に防いでくれるというありがたいものなのだ。事故だけでなく、雨や雪の日でも滑らないように作動してくれるし、保険料だって割引になる。

車の買取査定を上げる色々なポイント

シートベルトのセンサー

いくらエアバッグがついているといっても、それはあくまでサブ的役割でしかない。あえていうまでもなく、シートベルトは安全のためには欠かせない。いったん締まっても、しばらくするとゆるんで体を痛めない賢いシステムである。衝突時は、ベルトが約10センチも伸びるほど力がかかる。そこでプリテンショナーという、衝突の街華でベルトを締め上げるセンサーつきの車がオススメ。

バックアイカメラ

バックアイカメラを取り付けよう。カーナビがあるのなら設置料金は数万円程度なので、検討してみよう。ミニバンやキャンピングーといった大型車の場合、前方の視界はいいのだが、逆に後方視界が悪いのが難点だ。後部にミラーをつける方法もあるが、これだけではいまひとつ。

バックするとき、後方に背の低い障害物などがあっても確認がむずかしく、自宅の狭いガレージに車を入れるとなると、運転がさほど得意とはいえない人にとっては、恐怖以外のなにものでもないだろう。これはギアをバックに入れると作動するというもので、後方の景色がカーナビの画面に映しだされるのでおすすめ。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

兄弟車に注目すると安いクルマが見つかることがある

車には兄弟車と呼ばれるものが存在する場合があります。もし欲しい車種が売り切れだったり、中古車で見つからなかったりした場合、こうした兄弟車を探してみると、案外あっさり見つかったりする。兄弟車のほうが安い …

no image

車のスポーツ性能を重視する編集者が作る雑誌

車のスポーツ性を重視する編集者が作る雑誌は、少数の走り屋や、クルマに憧れの気持ちを抱いている人のためにはいいのかもしれませんが、普通の暮らしに使いたいユーザーには、あまり参考になりません。最高のクルマ …

no image

輸入車の少々のオイル漏れは修理すればいいだけ

輸入車の少々のオイル漏れは、上手につきあう材料にすればいい。展示車のオイル漏れは、できれば直して納車を交渉したいが、漏れているから悪いクルマというわけではないことを知っておこう。現在の国産車は、各部の …

no image

マツダアクセラの評判-走行安定性、居住性、価格設定が魅力

走行安定性、居住性、価格設定の3ポイントがアクセラの魅力。かなり買い得なクルマだ。しかし、販売はいまいち伸び悩んでいるようで、国産車にとって全幅がいかに重要かということを示しているといえるだろう。 エ …

no image

外車と輸入車という言葉の持つ意味と過去の歴史

ガイシャ、という言葉には、特別な物、という意味が多分に含まれていた。それは、ガイジン、という言い方にも通じるものだ。外車と輸入車、結局は同じものを指す、この2つの言葉には、じつは、ちゃんと意味の差が存 …