雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

セルシオにスポーツ性を求めるのは無理がある

投稿日:2015年4月18日 更新日:

若い走り屋が乗っているセルシオ。5、6年落ちのモデルを購入し、サスペンションを固め、車高を落として走っているのを見かけますが、本人の思いはともあれ、大金をかけたからといって、それだけで走行性能が上がることにはならない気はします。意図したとおりに、速く安定した走りのクルマになるかどうかは別問題です。そこには経験とノウハウ、緻密な計算がなければならないからです。

とくにセルシオクラスのクルマであれば、メーカーも高度なチューニングをしています。自動車雑誌などから知識を得てブランドもののパーツを装着したとしても、効果は少ないばかりか、ときには改悪になってしまいます。国際ラリーでそこで求められるのは、速さと走行安定性が高い次元で調和されたサスペンションやブレーキ。ところが、どんなベテランドライバーでもメカニックでも、チューニングをぴたりと決めるのは難しいものです。素人が手を入れるほどにバランスが崩れ、性能を台なしにしかねません。未だに、サーキットにクルマを持ち込み、タイムトライアルをして性能の評価をするような雑誌があります。

車の買取査定を上げる色々なポイント

モータージャーナリストの責任

日本の一部のモータージャーナリストの責任もあります。クルマの見方としては実に幼く、ローリング族以外には意味がありません。この延長線上でセルシオにスポーツ性を求めるのは馬鹿げたことだと思います、とある専門家は指摘します。ベンツのチューニングで知られるAMGのように、専門メーカーでなければ無理な話で、そのAMGもベンツに吸収されてしまいました。

トヨタには、そんな声に惑わされることなく、本当の高級車のあり方を求めてセルシオを熟成させてほしいものです。また、クラウンも見事な出来のクルマ、セダンです。ブランドにこだわらなければ、ベンツ、BMWと比較してもひけをとらない実力の持ち主と言えます。輸出すればかなりの人気を得ると思いますが、その予定はなさそうで、ひょっとすると、トヨタとしては利幅の大きなセルシオのシェアをクラウンが奪うかもしれないことを心配しているのかもしれません、と言われていました。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

ニューチェアマンWを双竜車が発売

・双竜車、超大型セダン「ニューチェアマンW」を発売。デザインは上品。 ニューチェアマンWはマイバッハ、メルセデスベンツSクラスなど世界的な名車にのみ適用されるハーマンカードン7.1チャンネルのA / …

no image

シボレーブランド導入後の実績27%増加、マリブ世界初の国内発売

・シボレー導入後の実績27%増加「マリブ」世界初の国内発売 韓国GM(社長マイク赤門)がシボレーブランドの韓国市場導入以来、肯定的な評価を受けていることが分かった。韓国GMは、仁川富平工場での記者懇談 …

no image

ジャガーのハイブリッドスポーツコンセプトカーC-X16の賞の受賞

ジャガーのハイブリッドスポーツコンセプトカー「C-X16」が英国の自動車専門誌「ワッカ(What Car?)」の読者が選んだ’2012年発売予定の新車の中で最も魅力的な車(Most Exc …

no image

輸入車に日本車を刺激してもらいたい

スカイラインと並んで、日産のもう一つの象徴だったフェアレデイZが復活を遂げ、米国で人気を得ています。ミドルクラスセダンのティアナは、非常に乗り味のいいクルマで、従来の日産車とはまったく違う味付けの脚を …

no image

トヨタはエセ○○を作るのは上手い

トヨタはエセ○○を作るのは上手い。エセ○○作りをする限りトヨタのニューカーのアイデアは枯渇しない。しかし、本当にそれでいいのだろうか、と語るある専門家。トヨタはBMW3シリーズに目をつけた。そして生れ …