雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

セルシオは素晴らしい-性能のまとめと技術力の意味

投稿日:2015年9月9日 更新日:

セルシオは日本ではきわめて好調だった。国内では月に3000台の生産予定で、その国内ぶんは6カ月ぶんを売り尽くした。新しいセルシオは、きわめて素晴らしいクルマである。しかし、それを手放しでほめたたえることに購踏してしまう。

単に技術力とか、クルマ作りのノウハウの妙などといったことでは乗り越えることのできないバリア。トヨタは新しいセルシオを作るにあたって、まずコストダウンが念頭にあった。そして、そのコストダウンを正当化するだけの性能の向上がほしいのである。

トヨタブランドの一番上の高級車であったセルシオ。現在はレクサスになっているが、昔は、ドライバーズカーの最高峰だった。トヨタブランドにおけるセルシオは、ハイエンドモデルでした。あこがれを持って見られる、国産屈指のプレミアムカーだった。セルシオとは期待され、所有することに極めて深い満足を与えてくれた。

セルシオは大きなコストダウンをはかる一方で、自然進歩をきわめてうまく採り入れ、ニューカーとしてのバランスをとっていた。利益を上げるために、コストダウンをねらったモデルチェンジをするーそれは市場経済、自由競争下では正しい考え方ではある。

車の買取査定を上げる色々なポイント

セルシオは値落ちの低いクルマだったが

トヨタはその性能の向上を、必要最小限で実現している。自動車技術というものは年々、自然に進歩していく。もちろんトヨタもそのひとつだが、メルセデスなり、日産なり、世界中のあらゆるメーカーが競争力をつけるために、いろいろな技術、アイディアを開発する。そして、それを採り入れることによって、世界中どこの自動車会社も全体としては必ず進歩していくのである。

旧セルシオのユーザーは大幅な中古車価格の下落を覚悟せねばならなくなった。これまでセルシオはきわめて値落ちの低いクルマであった。それはメルセデスよりずっと低かったのである。ユーザーはモデルチェンジで、損をしなければならなかった。トヨタが、きわめてブランドロイヤリティの強い、トヨタのアッパークラスのユーザーの期待を裏切ったという声もあったようだ。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

車の保証内容は店によって大きく異なるので注意

保証は、良心的な店ならタグでつけてくれるが、手数料を取る店が大半だ。中古車の場合、購入後の保証内容やその料金は、店によってかなりちがうので、あらかじめさまざまな店で調べておき、保証書のコピーなどをもら …

no image

ガードバーを車に装着したせいで起こった痛ましい事故

流行に乗ってクルマを購入するのは失敗を招くことになります。その典型的な例が過去にありました。今はSUVと呼んでいる大型のクロスカントリーモデルです。三菱はミニバンにすらガードバーを付け、スペースギアと …

no image

インフラ整備の三本柱によって事故を減らしていく

自動車の実験研究は、エンジンに関しては戦前から行われていましたが、シャーシや車体関係については車を走らせて耐久性をチェックする耐久走行試験が行われていた程度で、実車では応力測定ですら行われていませんで …

no image

新型ヤリス-パワートレインから品質まですべての面で改善

トヨタが第3世代ヤリスを公開した。新型ヤリスは、パワートレインから品質まですべての面で改善されており、クラスでは、最もスポーティなデザインを追求した。初めてお目見えするマルチメディアシステムのタッチ& …

no image

起亜自動車K3の外観が完全に公開された

起亜自動車K3の外観が完全に公開された。起亜自動車は今年の下半期発売する準中型新車K3の外観が国内で初めて消費者の参加によって公開されたと明らかにした。K3は「ダイナミックマスキュレロティー」をコンセ …