雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

セルシオ、プリウスは世界の最高峰に真正面から挑んだ名車

投稿日:2015年4月15日 更新日:

韓国車は日本市場では厳しいものの、欧米ではよく売れています。いずれ中国車も飛躍的に伸びていくはずです。こうなると、価格の安さ、故障率の低さだけでは日本車も太刀打ちできなくなるでしょう。老夫婦が、自分たちの最後のクルマにしようと購入に踏み切る例も少なくないそうで、契約後、納車までの間にショールームへやってきて、プリウスに慣れようと操作系などを熱心にチェックしている人もいるそうです。

どこか微笑ましくもあります。トヨタの話では、プリウスのユーザーの下取り車は輸入車、国産の高級セダン、コンパクトカー、軽自動車と様々で、ユーザーの年齢も若者から熟年世代まで幅広いとのこと。こういった流れが大きくなると、日本車の世界での新しい評価ができてくるかもしれません。しかし、この優位性は崩れつつあります。この点、ハイブリッドシステム、半自動運転システム、さらに本格的な省資源、無公害の次世代型パワートレーンが日本で完成すれば、自動車産業が、より強く日本経済を牽引することになると思います。

車の買取査定を上げる色々なポイント

クルマの世界の最高峰に真正面から挑んだ

楽観論かもしれませんが、現時点での流れを見ていると、日本の民族資本の自動車メーカー、トヨタとホンダが競い合うことで実現してくれそうな気もします。プリウスが世界に競争相手のいないクルマ、別土俵のモデルだとすれば、クルマの世界の最高峰に真正面から挑んだのがセルシオでした。あえてセルシオを選ぶというところに、ブランドから離れてクルマを選んだという意思、誇りを持てるように思います。セルシオが登場するまでは、ベンツは職人が手作りで仕上げるような、伝統的な方法を多く採り入れていました。

それこそがベンツの持ち味の一つでもありました。しかし、セルシオは逆に、トヨタの持てる最新テクノロジー、ノウハウを駆使して高級車を造ろうとして形にしたクルマです。セルシオは社用車として購入されることが多いクルマですが、個人であっても、セルシオを所有できる人であればベンツ、BMWも無理なく購入できる経済力があるはずです。実力は王者、メルセデス・ベンツを十分に慌てさせ、クルマ造りの方法を見直し、改めさせたほど。セルシオは世界に十分に通用するクルマでした。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

高く売れる車は人気車を買うということだと忘れないこと

要は高く売れるクルマ=人気車を買うってこと。クルマは結婚相手じゃない。いつかは別れる相手。クルマは乗る期間によって、ホントにベストな選択が違ってくる。そのときにつらい思いをしないためにも、買うときから …

no image

オデッセイの進化-多座席車のイメージとまったく違う走り

・ミニバンミドルクラス・オデッセイ オデッセイは、それまでのワンボックスタイプの多座席車のイメージとまったく違う走りを見せ、販売台数を伸ばしました。ミニバンはホンダの初代オデッセイがパイオニアです。初 …

no image

超悪徳中古車業者に注意-うまい話は疑ってかかるのこと

超悪徳業者は、激安プライスのでっかい広告を出すというのが共通点。あんまりうますぎるのは疑ってかかるのが正しい。バカにならないほど高い広告料を払ってて、それを客から回収してるってことだから。車両が100 …

no image

最新のクルマが最上のクルマである

この話の〇〇に当てはまるのは、例えばトヨタの2000GTであったり、日産のスカイラインGT-R、ホンダのS600やS800であったりすることが多いようです。熟年世代のクルマ好きが何人か集まると、必ずの …

no image

車の個人販売店ならではのメリットを知っておく

自宅の近くなどで営業している個人の中古車店があれば、一度のぞいてみよう。お得意さまになれば、長く気持ちのよいつきあいができるかもしれない。小さな個人の販売店はダメかというと、けっしてそうではない。中古 …