雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

セルビア空爆はまぎれもない人道的介入のケースだと結論

投稿日:

空爆前に殺されたアルバニア系住民は多くはなかったが、これが殺害と民族浄化の大規模な作戦の前触れになること議報機関から示されたからだ。やはり、信頼するに足る情報源は明記されていない。ウィーラーはセルビア空爆はまぎれもない人道的介入のケースだと結論する。NATOの空爆を、日時順に忠実に正当化しようとした数少ない真剣な試みの一つである。

ニコラス・ウィーラーは日時の前後関係に忠実な人で、NATOの空爆より前にセルビア人がアルバニア系住民五〇〇人を殺したと推定し、KLAによる犠牲者は一五〇〇人であると示唆した。NATOがセルビアを空爆すれば、セルビア人が民間人を攻撃するのはほぼ間違いなく、地上でのそうした反応を食い止めることはできない、と。クラークの著書を批評して、マイケル・イグナティエフはこう述べる。セルビア爆撃が始まって三日後の三月二七日、NATO軍の司令官ウェズリー・クラークは、セルビア人が残忍な行動に出ることは完全に予測できたと報道陣に語った。

政治指導部にとって何ら懸念する問題ではない

また、それは予期した通りで、政治指導部にとって何ら懸念する問題ではないとも付言した。一番の問題は、NATOの意思をこの指導者に押し付ける必要があったことだ。アンドリュー・べースヴィッチは更に皮肉な解釈を試み、人道的な動機をいずれも否定している。クリントンによる一九九五年のボスニアでの武力行使と、一九九九年のセルビア空爆は、彼が主張したように、民族浄化を終わらせるためでも良心の声に従ったわけでもなく、NATOの団結とアメリカの国力の威信に及ぶ脅威を回避するためだったのである。

NATO軍司令官によれば、NATOが空爆作戦を遂行する上で本当の意味で決め手となったのは、一九九九年三月までコソヴオでミロシェヴィッチが人権を無視していたことでも、空爆が始まった後で彼が大規模な立ち退きを強行したことでもない。最大懸案が支配者たちの威信だったことは、クリントンとブレアによっても既に明らかにされていた。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

核兵器は重大な政治的影響をもたらした

核兵器の持つ巨大な破壊力は、軍事的な手段と国家が追求する事実上すべての政治的目的の間に不均衡をもたらした。この目的と手段の範離は、ほとんどの状況で究極の兵器の使用に麻痺状態を生み出した。 19世紀プロ …

no image

新自由主義的グローバリゼーションというネオリべラルのプログラム

世界最大の民主主義国独立後、数世紀に及ぶイギリス支配の悪影響から回復し始めたインドでも、NATOの威信を保ち、世界を安全にしょうとするクリントンーブレアの努力は評価されなかったようだが、インド政府及び …

no image

生物兵器や化学兵器をフセインが使用してしまう可能性

国際的な軍事情報を扱う主要雑誌と同盟国の情報機関も同じ結論に達しており、アメリカが攻撃すれば反米及び反西洋感情を世界中に広めることになり、イラクを攻撃することはイスラム教徒のテロを減少させるよりも、か …

no image

わずかな核抑止でも相当効果があるということ

テイラー将軍は、「私は、彼らを窮地に陥れることができると確信しており、最終結果について憂慮したことはなかった」と語った。しかし、不測の事態という可能性がケネディ大統領にのしかかり、彼は非常に慎重な立場 …

no image

テロリズムの公式定義は対抗テロの定義とほぼ同じ

テロリズムの公式定義は対抗テロ(低強度紛争または対ゲリラ戦と呼ばれることもある)の定義とほぼ同じだ。アメリカの公式定義は、一九八一年にレーガン政権が発足し、テロとの戦いを外交政策の最重要項目と宣言して …