雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

洗濯物を取り込む便利な方法

投稿日:

・洗濯物の便利な取り込み方

たたむのを楽にする方法を紹介しよう。洗濯は嫌いじゃないし、干すのも気持ちよくて好きだが、たたむのが面倒で嫌いという人は結構多い。まず、洗濯物を取り入れる段階で、最初に夫のもの、つぎに子どものもの、というふうに個人別に順序を決め、一つ一つたたみながら、カゴに順番に入れていくのである。取り入れに時間はかかるけれど、ゴッチャに取り入れてからあらためてたたむより、ずっと合理的。分類がすでにできているので、あとはカゴを持って各部屋を回り、収納すればいいだけ。労力も時間も節約できて、とてもスムーズだ。

針金ハンガーで簡易枕干し

適当な場所がなくて困っているというような人は多いだろう。布団は布団ハンガーで挟んで干せば、少々の風ならば落ちる心配はないけれど、問題は枕だ。落ちる心配なしに、たっぶり太陽を浴びさせるためには、針金ハンガーを2個使えばいい。枕の両端を針金ハンガーに差し込んで、そのまま物干し第にぶらさげるのである。これなら空間に枕を浮かせた状態で干せるので、裏返す必要もないし、落ちる心配もなし。心地いいふっくら枕ができあがる。

洗ったスニーカーを早く乾かすには

ビールビンの濃い色が光を吸収するので、その熱がスニーカーに伝わり、普通より2~3時間は速く乾く。洗ったスニーカーをできるだけ早く乾かしたいなら、カラのビールビンにかぶせるようにして干すといい。ビンは色の濃いものならビールビンでなくても代用可能。くれぐれも中をきれいに洗ってから使うようにしよう。

雨で洗濯物を外に干せないときは

乾燥機もないし、浴室乾燥の設備もなくて大ピンチ。雨が続いて洗濯物がベランダに干せないという家庭でも、浴室を利用して即席の乾燥室を作りあげることができる。洗濯物を浴室に干し、小さな石油ストーブなどの暖房器具を持ち込むのである。さらに換気扇を回したり、窓を開けたりして空気の流れをよくしてあげれば、外に干すより速いぐらいのスピードで洗濯物がしっかり乾く。この方法なら、室内に干したときに洗濯物につく嫌なニオイも発生しないし、ジメジメした感じもなく、心地よく乾く。

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

子供用の収納グッズを自分で作る

・子ども用収納グッズを作ろう 小さいものをゴチャゴチャにすると、部屋や玄関はとても散らかってしまい、雑多な印象になるものだ。おもちゃ、へアピンやゴム類など、子供ものものはどれもこれも小さくてかわものば …

no image

水洗トイレの水が止まらないとか出ないといったトラブルの解消方法

・トイレの水が止まらない ゴムフロートに注目し、洗浄管との間にすき間が開いてないか、ゴムフロートが古くなってないかを確認します。タンクの中の水位でも故障箇所が推測できます。水位がオーバーフロー管より高 …

no image

ブロック塀の補修はモルタルで行う

・ブロック堀の補修はモルタルで ブロック堀の一部が欠けたときは、モルタルを作り、穴とそのまわりを湿らせてからモルタルを埋め込みます。頑丈なブロック堀ですが、案外もろく破損することがあります。こんなとき …

no image

自転車のパンク修理を自分で行う方法

自転車にパンクはつきものだが、皆さんも一度は自転車でパンクを経験したことがあるのではないだろうか。ここでは、自転車のタイヤがもしパンクしてしまった時の、修理の方法を紹介していきたいと思う。自転車のパン …

no image

パッチワークの材料にする

簡単な丈詰め、幅直し程度のリフォームですむなら、新しいモノを買うより、よっばど経済的です。リフォームするかどうかは、衣類を有効利用するか、費用ぶんの出費をおさえるか、のふたつを天科にかけて、判断しまし …