雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

国連が指令した場合の戦争への支持率はまちまちだった

投稿日:

国連が指令した場合の戦争への支持率は、一三%(スペイン)から五一%(オランダ)までまちまちだった。ギャラップ・インターナショナルから入手した調査結果と、東西ヨーロッパのほとんどの国の現地情報によれば、アメリカと同盟国によって一方的に遂行された戦争への支持率は、どの国でも一一%を超えなかった。とりわけ興味深いのは、指導者がその勇気と高潔さを大いに称えられ、自ら新しいヨーロッパだと宣言した八カ国である。

新旧ヨーロッパの立場にほとんど違いはなかったのだが、彼らの宣言はドイツとフランスを孤立させるだろうと、新聞は勝ち誇って報道した。彼らの宣言は、安全保障理事会にその決議を完全に順守させることを要求する声明文の形をとった。だがその手段は明記されていなかった。一般的な解釈は、前途有望な活力ある新しいヨーロッパがアメリカを背後から支えているというものだ。それによって、仏興が拒否しても、多くのヨーロッパ人はアメリカの見解を支持していることを示す。

ドイツとフランスの孤立を確実なものにするため

ドイツとフランスの孤立を確実なものにするために、両国は新しいヨーロッパの大胆な声明文への署名を球められなかった。明らかに、両国に署名されると困るからだと、後に目立たぬ形で記された。米国政府にとって幸いなことに、旧共産圏の国も新しいヨーロッパに参加した。これらの国の内部では、パウエルによって定義されたアメリカの見解ー国連の承認なしに有志連合が戦争をすることへの支持率は、四%(マケドニア)から一一%(ルーマニア)の範囲だった。

多くのヨーロッパ人とは誰のことだろうか?世論調査の結果を調べてみると、新しいヨーロッパではアメリカの見解への反対が、フランスとドイツ以上に高いことがわかる。その傾向は特にイタリアとスペインで著しいが、どちらの国も新しいヨーロッパの指導者として特に選ばれて褒め称えられている。国連の指令が出た場合の戦争への支持率も、やはり非常に低かった。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

核兵器は重大な政治的影響をもたらした

核兵器の持つ巨大な破壊力は、軍事的な手段と国家が追求する事実上すべての政治的目的の間に不均衡をもたらした。この目的と手段の範離は、ほとんどの状況で究極の兵器の使用に麻痺状態を生み出した。 19世紀プロ …

no image

ブッシュ政権はEU、国連、露、米によるロードマップの公式発表を妨害

イスラエルの入植地はほぼどこでも、植民活動が急速に進められており、交通とアクセスのパターンに大変革をもたらしている。それは、大きく拡大されたイスラエルの中で統合されていったこれらの土地を恒久的に支配す …

no image

アメリカ人の生活を更に管理するために

アメリカ人の生活を更に管理するために、この政権が弾れない公民権は何も、市民権という貴重な権利すらないと、パルキンは結論している。 ブッシュ大統領は、友人トニー・ブレアからの贈り物であるウィンストン・チ …

no image

アメリカの自由と正義を守るために自由が必要である

国際司法裁判所は、一九八六年に米国政府の主張を退けニカラグアの言い分を認めた。世界秩序を守ることで知られている法曹界の権威はこの判決を受け入れず、その根拠として、アメリカが自由を守るために自由が必要で …

no image

ソ連をそそのかしアフガニスタンを侵攻させる狙い

ワシントンにいる現職者が取り組んだ活動の一つは、よく知られるようになった。一九八〇年代にCIAとその関係組織がイスラム過激派を募り、正規軍及びテロリスト部隊としての組織化に成功した事実だ。初めのうち、 …