雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

開戦以前に大衆が戦争に反対する事態は前例のない出来事だった

投稿日:

プロパガンダの見地からすれば、史上最強の国家はその行動について正当化することも、真剣に議論することも必要ない。戦争計画にこれほどの批判が出た例は、歴史を調べても容易には見出せないだろう。これらの批判は体制側から上がったが、その声は無視された。政府はそれに対して全く反論しようとせず、それどころかほとんど気づいていないようだった。

開戦以前に、大衆が戦争に反対する事態は前例のない出来事だった。崇高な意図を宣言するだけで充分なはずだ。国連は問題外になりうることを伝えられ、我々が実行しょうとすることを承認するか、結果を耐えるしかないと申し渡される。世界の国々はこう通告されるべきなのだ。批判の雑音(マクジョージ・バンディの剛笑的な表現を借りれば)を認めれば、ましてやそれに反験すれば、権威を失墜することになる。覇権国は武力行使に関しても、その他の行動についても、その根拠を証明する責任は負わない。

権威ある人々から警告を受けるまでもなく

昨今のケースでは、権威ある人々から警告を受けるまでもなく、政府は計画されたイラク戦争と関連の行動が、大量破壊兵器の拡散とアメリカ及び同盟国へのテロの危険を増加させる可能性には、間違いなく気づいていた。超大国的な態度は自滅に繋がると批評家が言うのは正しいが、そうした懸念は一般に指導者たちが重視する事柄ではなかった。政府は明らかに、その他の目的と比べれば、そうした脅威の優先順位は低いと見ていた。世界中で彼らが播き立てる恐怖ですら、充分に許容できるものだ。

大量破壊兵器とテロが拡大することは立案者としても無論歓迎しないが、そうした展開が自分たちの目的に、海外でも国内でも利用できることを彼らは知ってもいた。政府の目的について、べテラン中東特派員でアナリストのユーセフ・イブラヒムが指摘したことは、明らかに事態を単純化しすぎている。彼らは愛されたいのではなく、服従してもらいたいのであり、恐怖によってそれが達成できれば、それで構わないということだ。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

ロシアの外交政策が民主主義の平和論にかなうのか

なぜ、冷戦は両超大国間の「熱戦」とならないまま、あれほど長く続いたのであろうか。なぜ、第三次世界大戦へと転化しなかったのであろうか?高度に成熟した社会が両大戦から教訓を学び、単に戦争をしなくなったと分 …

no image

タリバン、アルカイダなどを戦略的に弱体化させる鍵

テロリストの脅威を緩和したいと考える人々の間では、アルカイダやそれに関係する集団を生んだ社会的、政治的、経済的状況に対処しない限り、アメリカと西欧の同盟国も他のいずれの国も、イスラム教テロリストの標的 …

no image

南アフリカ軍が退却を強いられるのを見て

サハラ以南のブラック・アフリカは、アンゴラにおけるキューパの成功が播き立てた波に乗り、完全な解放の夢が実現する可能性に酔いしれているアンゴラの防衛は、アフリカの解放においてキューバが果たした最大級の貢 …

no image

テロリズムの公式定義は対抗テロの定義とほぼ同じ

テロリズムの公式定義は対抗テロ(低強度紛争または対ゲリラ戦と呼ばれることもある)の定義とほぼ同じだ。アメリカの公式定義は、一九八一年にレーガン政権が発足し、テロとの戦いを外交政策の最重要項目と宣言して …

no image

介入について国家中心的道義主義者などの見解は違う

懐疑主義者にとっては道義的判断は意味がないが、リアリスト[現実主義者]やコスモポリタン[世界市民主義者]や国家中心的道義主義者は、それぞれ介入について異なる見解を持っている。 リアリストにとって、国際 …