雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

繊維壁の塗り方のコツ

投稿日:

せんい壁を塗る場合、コテを壁面にぴったり押しつけると、コテが吸いつき、壁材を逆に削りとってしまいます。コテ板を壁に近づけ、壁材を壁に押しつけてくっつけ、コテで平らにのばしていきますが、コテが進んでいくほうを少し浮かし気味にするのがコツです。隅はコテの先端を使って押さえるように、壁の上端はコテを横にして使います。コテがUターンすることを返しゴテといいますが、進行方向が逆になるのですから、コテの浮かし方も逆になります。

下から上へ、左から右へと塗ります。慣れるまでは一方方向にコテを使うほうがいいかもしれません。ある程度の面積になったら、その部分のムラをとるために、もう一度コテを当てればいいのです。次第に塗り広げていくと、どうしてもムラが気になりますが、ムラをあまり気にせず、なるべく平均にのばしていくという気持ちで塗って下さい。

コテで塗るのはむずかしそうですが、せんい壁は粘着性が強く、はがれ落ちることはまずありません。慣れるとかなりうすくのばすことができますし、透いてみえるところは、壁材を少し足しておけばいいわけです。コテはむしろのばす道具と考えたほうがいいでしょう。

壁紙をはる

壁紙は部屋の隅からはり始めるというように考えがちですが、こうすると隅に壁紙の合わせ目がくることになり、すき間ができます。壁紙を買う前に店でよく相談してみるといいでしょう。クロス壁、ビニールクロスの壁でも、壁紙をはがさず、塗装用ローラーで専用の接着剤を壁に塗り、そのままビニール壁紙をはるという方法もあります。家庭用の壁紙はほとんどがのりつきです。最近はビニールでも裏に水をつけると、そのままはれるものがあります。

壁の隅から八十五センチぐらいのところに、画銀に糸を結び、先に五円玉を結んで下げてみます。五つぐらい折り曲げてはるというのがいいでしょう。これで垂直線ができたわけですから、鉛筆で線を引き、ここを基線にはり始めましょう。

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

キッチンの使いやすい収納術

キッチン収納の秘訣は、収納の特等席を決めてしまい、そこに一番よく使うものを収納すること。では、特等席とはどこかというと、自分の目の高さにあり、よく見えて一番楽にものの出し入れができるところ。まず、自分 …

no image

超簡単!書類やメモの整理方法

・細かいメモや書類の整理は? 適当にまとめて積み上げておくと、ちょっとのあいだにどんどんたまり、あげくの果てには、これ処理したかな?あのメモどこにやったかな?などと混乱してくる。スーパーの料理の材料メ …

no image

鍵の種類とその見分け方

・鍵の種類と見分け方 まずフロント板(ドアの厚みの部分にあり、ラッチボルトの付いている板)に注目します。フロント板が縦に長く、キーを回すと出入りするデッドボルトとノブを回すと出入りするラッチボルトが付 …

no image

古い家具も手入れ次第できれいにもどる

古い家具も手入れ次第できれいにもどすことはできます。 使い込んで愛着のある家具を傷つけてしまったり、椅子がギシギシきしむようになって、なんとかしなくちゃと思いながらそのままにしていませんか。骨董屋の家 …

no image

階段に置いておくと便利なグッズは?

・階段に置いておくと便利なものは 2階建ての家なら、掃除や雑事を済ませるために1日に何度も階段を上り下りするという人も多いことだろう。ワンルームのマンションなどに暮らしているのなら話は別だが、広い家に …