雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

狭いキッチンを効率よく使う工夫

投稿日:

・狭いキッチンを効率よく使うワザ

便利なのが、園芸用トレリス。園芸用ではあるが、キッチンの壁面に立てかければ、これが立派なキッチンネットになる。ミルクパン、卵焼き器、味噌こしなどは形が変則的で収納しづらい代表だが、わりと使うものなので捨てるに捨てられない。だからといって、そのまま放っておくのではダメだ。とくに狭いキッチンでは、壁面をいかに利用するかが、使い勝手のよし悪しを決める。トレリスは裏の部分に両面テープを貼って、壁に貼り付けてもいい。トレリスの格子の部分にS字フックを掛け、形の変則な鍋や用具をそこに掛ければいい。それ以外にも、計量スプーンや鍋つかみなど、出番の多いものも掛けられるだろう。見た目にも、はやりのアーリーアメリカン調になり、ちょっとしたキッチンリフォームとしても、おしゃれでおすすめだ。

鍋はフタと本体を分ける

すべての料理のときに鍋とふたを一緒に使うわけではないので、使うときに別段不便を感じることもなただし、必要なときにすぐ見つかるように、ふたはかごなどに入れたり、奥行きの狭いタオル掛けを取り付けてつまみをひっかけるなどして、まとめて収納しておこう。鍋のふたは、鍋と一緒に置かず、別々にして収納しておくと鍋を重ねることができるので、スペースをぐんと節約できるし、見た目もすっきりする。

キッチン回りの家電をすっきりさせるには

カラーボックスを重ね、すべてを一つずつ区切りのなかに収める。コーヒードリッパーに電動ポット、炊飯器にトースターと、キッチンまわりは小さな電気製品がゴチャゴチャに。新婚ですべてコーディネートしたなんてケース以外は、色もデザインもバラバラで、キッチンがよけい雑然と見えてしまう。そこで、そういう品をまとめて置いておくコーナーをつくる。サイズによっては横にしたほうがいいこともある。こうしておけば、カラーボックスという統一感だけで、キッチンがかなりすっきりする。これにカーテンをつけたり、布で覆えばさらにいい。使うときいちいち出すのが少し面倒なのはたしかだが、その手間を惜しまないことが整理・収納のコツだ。

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

石鹸をあまり使わないからと溜め込んではダメ

・必要以上の石けんをため込んではダメ いつかかならず使うものだからという大義名分で、捨てがたいものの筆頭。お中元・お歳暮の定番であるせっけん。何かのお祝いのお返しや大売り出しの抽選で当たったなどで、た …

no image

ウレタンマットを玄関の段差に置こう

・玄関の段差にウレタンマット玄関や勝手口に 少しでも段差をなくし、ケガをしないようにするには、ウレタンマットを敷けばどうだろうか。段差があると、赤ちゃんや子どもが落ちてケガをしたり、お年寄りが上り下り …

no image

化粧品を使い切る方法

クレンジングクリーム、ナイトクリームクレンジングクリーム、ナイトクリームなどの油分の多いクリーム類は、容量が多すぎて使い残してしまいがち。でも、これらは革の汚れ落としに使えます。人間の肌にも革にも、ツ …

no image

ランドリー袋をキッチンに置いておくと便利

・キッチンにランドリー袋を ランドリー袋の置き場所を風呂場にしている人は多いはず。この考えをちょっと応用して、キッチンにもキッチン用のランドリー袋を置いておくと便利だ。これで食事のたびに使うふきんやタ …

no image

壁にピクチャーレールをつけて収納するワザ

・壁にピクチャーレールをつけて収納 ピクチャーレールは、フックが自在に横移動するので、壁の好きなところに写真や絵ばかりでなく、衣類からインテリアグッズまでつるせる点が重宝。カーテンレールを、壁に貼りつ …