雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

セクシーな女性の広告は間違いなく男性の目を奪うが

投稿日:

セクシーな女性の広告は間違いなく男性の目を奪う。素晴らしいマーケティング戦略だよ。セクシー路線で行けば、商品は売れまくると言うのは、ファッション・ディレクターだ。不思議なことに、今日、服を売るためには必ずしも実際に服を見せる必要はない。会社としては、注目が集まればそれでいいわけで、私たちがその服を好きかどうかは、さして重要ではない。商品を見せない広告テクニックは、私たちはイメージを売っているのだという言葉でよく正当化される。広告もファッションの催眠作用を示すひとつの例なのだ。

一九九九年にテリー・リチャードソンが撮ったシスレーのキャンペーン用写真は、ふたりの女性モデルが半分セクシー、半分間抜けな感じでキスをしている顔のアップ。同社の二年後の広告写真は、口髭を生やしたリチャードソンのセルフ・ポートレートだった。素っ裸の男がフィルムのリールで局部を隠していたり、裸のカップルがボディ・ペイントをあしらった姿でたたずんでいたり、プールサイドで裸の集団がはちきれんばかりの笑顔(というより、ほぼ全身)を見せていたり。クールでエッチな男女のイメージ、といったところだろうか。

セクシー路線に頼った売り込みはいきすぎ

業界の専門家の中には、セクシー路線に頼った売り込みはいきすぎだと考えている者もいれば、すべてやり方次第だと言う者もいる。自社にとって最大店舗となるロンドン店のオープンを宣伝するため、フレンチ・コネクションはロンドンの基紙に全面広告を打った。いわく、世界最大のFCUK大書きされたのは、いともたやすく読み間違えそうな、会社名の頭文字語だった(失読症患者ならパニックになりそう)。

ところで、世間を騒がせたキャンペーンといえば、おそらくフレンチ・コネクションのものではないだろうか。ファッションはアートと商業の双方にまたがっている。広告も然り。ソフィー・ダールが裸で仰向けになり、オーガズムを思わせる桃惚の表情を浮かべているものだ。それを、裸体画や彫刻のようなアートと見た人もいるし、注目を集めるためなら手段を選ばない恥知らずなやり方だと思った者もいるようだ。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

パリジェンヌのヘアスタイルはひと工夫で差がつく

・ひと工夫で差がつくヘアスタイル 生まれつきカーリーヘアが多いパリジェンヌのこと、紺や黒のまじめなスーツに、ソバージュ(ぼさぼさのヘアスタイル)でさっとあらわれたパリジェンヌは、アマゾネスのような野性 …

no image

各店舗は品揃えをどんどん前倒ししていく

昔は、二月のファッション・ショー、つまり、その年の秋物コレクションに登場したトレンドも、その後三カ月から五カ月間は消費者の目に触れることはなかった。ところが、今ではショーの映像を見て待ちきれなくなった …

no image

アール・ドゥ・ヴィーヴル-人生をエンジョイすると幸せに美しくなる

最近の経済調査によると、パリのマダムたちの洋服に対する支出の割合が、ここ一〇年で着実に減少傾向にある。一方、支出が増えているのは住にまつわるインテリアや食器類、それに食材。そして、旅行。どれもこれも生 …

no image

ファッションとボディイメージの結び付きというテーマ

ガリガリのモデルの姿を目にすることで若い女性が直面する危険については、英国医師会が警告レポートを出している。ファッションとボディ・イメージの結び付きというテーマは激しい論争に発展したため、政府レベルで …

no image

ブランド名がついた途端、価値や評価が付加される

非常に資本主義的でかつ付加価値を求められる現代文化においては、ノー・ブランドの服の価値はほとんどなくなってしまう。デザインでも革新性でもカットでもない。その他にデザイナーが磨いた技でもない。日本人が言 …