雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

雪渓の歩き方-8本爪とか10本爪は必要なのか?

投稿日:

・雪渓

あくまで夏の雪ですので通常の登山靴でやや蹴り気味(登りは爪先で蹴り、下りは輝からはいる)に歩けばいいのですが、場合によってはアイゼン(クランポンとも言う)を靴の裏に付けていかなくてはならない場合もあります。山小屋で借りることもできるようです。白馬大雪渓などは代表的な例でしょう。北海道・東北の山はもとより、南北アルプスにも雪渓はあります。細かく言うと谷などに残っているものを雪渓、稜線上ですと雪田になります。夏の日本の山ですと残雪ということになるのでしょうか。

夏なので四本爪、六本爪で十分という人と、それではあまりに簡易的で外れやすいので八本爪とか一〇本爪(冬用ですと当然それ以上あります)できちんと固定した方がよい、と言う人がいます。確かに長い雪渓を歩く時には八または一〇本爪で固定した方が多くの人には楽です。勘違いしないでいただきたいのは、八本とか一〇本でなくてはいけないということではなく、一〇本でもそれ以上でもいいのですが、冬山ほどの大げさなものは必要ないということです。

何度も立ち止って締め直していると上部からの落石(雪渓上は多い)に当たる確率も高くなり、危険回避への邪魔になります。どんな本数を使用するにしても靴に合っていなかったり、締め方がしっかりしていないと外れやすくなり、歩いている最中に何度も外れるということにもなりかねません。

クサリ場

・クサリ場

岩場の特に危険なところにはクサリとか杭だとかロープなどが掛けられています。剣岳別山尾根には多くのクサリが掛けられているので、登山者で賑わう夏などはお互い離れながら移動しましょう。特に上から下ってくる場合、急激に下が切れているので恐怖心があおられ、ついついビビッてしまいます。ちょっと足を滑て落ちてしまい、亡くなった例もあります。気を確かに持つことが大事です。剣岳にはハシゴもついています。クサリを触るのは一人の方がいいですね。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

アイゼンやピッケルの使い方や注意点など

登山ではトイレの問題は厄介です。最近、携帯用のトイレパックも売られていますが、なかなか三日分も四日分も持ち歩く気にはなりません。やはり宿泊できる所にはトイレを設置するのが原則と思いますが、緊急用として …

no image

車の中で子供が泣き止まない-こんな時どうすればいいのか?

我が家の2歳児は、揺り籠、走行中のクルマ、チャイルドキャリア、と多少の振動はものともしない。しかしカヌーでのお昼線だけは苦手で、パスしてしまうか、陸に上がって散歩をしてキャリアの中で寝つくかだ。狭いト …

no image

倍率の高い双眼鏡を持参してバードウォッチングに出かけよう

全身がグレーで胸に自い斑点が広がるヒヨドリ。このヒヨドリは、スズメと一緒に残飯などを突ついているが、日本で唯一の熱帯鳥で、本来は貴重な鳥なのだ。郊外の緑地公園や池、川の周辺には、尾をいつも上下運動させ …

no image

バーベキューでのベーコンの作り方

バーベキューをするために、山に出かけてみよう。森の中、さわやかな空気は燻製のもう一つのスパイス。たちのぼる煙に、文句を言う人もいない。さあ、旨い「森の燻製」をつくろう。失敗のない簡単で旨いベーコン。ス …

no image

ガイドブックをよく読んでその案内に従ってプランを作り上げる

・ガイドブックをよく読むべし たいていの人が、ガイドブックをパラパラとめくって、花がきれいだの、展望がいいだのという惹句に後押しされて、登るべき山を決めると、それで安心して本を閉じてしまう。ガイドブッ …