雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

環境問題

世界の太陽電池の生産量は順調に伸びてきている

投稿日:

世界の太陽電池の二〇〇一年の生産量は、工場出荷ベースで約三九万キロワットに達し、前の年に比べて三六パーセント増加していました。太陽電池の発電容量は一一四万キロワットでした。これは、最大規模の石炭火力発電一基の出力をやや上回る程度で、世界の電力供給の一パーセント弱にしかなりません。けれども、毎年三〇パーセント以上の伸びを続ければ、太陽電池が世界的に重要な電力源になる可能性があります。

日本は世界の太陽電池生産の四四パーセント弱を占めており、世界一の電気の生産量をもっています。設備には費用がかかりますが、メインテナンスは簡単で、期待できる方法だと思われます。日本では、一九九六年以来、数十万件もの屋根型ソーラーシステムの設置を助成してきました。屋根の上などにパネルを置いて、太陽熱を電気に代えて蓄える設備です。これが太陽電池です。

ヨーロッパでも太陽電池の生産を保護する政策がとられています。二〇〇一年の生産量は八万六三キロワットで、その八パーセント近くをドイツが占めています。日本のように、住宅やオフィスにパネルを直接設置すれば、送電のロスもさけることができます。この電気は、エアコンの電力需要のピーク時に、停電をさけるための補助電源として使うことができます。

電池を購入する動きが出始めました

アメリカは、世界第二の太陽電池生産国で、二〇〇一年の生産量は一〇万三キロワットにのぼり、その大部分は輸出されています。けれども、カリフォルニア州などでは、電池を購入する動きが出始めました。

電気に頼りすぎる生活は望ましいものではないと思います。けれども現実には電気のない生活は考えられません。太陽電池の、より一層の研究と普及を期待しています。

あと、風力発電の一番盛んなのはドイツで、アメリカがそれにつづいています。ドイツの風力発電容量は、二〇〇一年に八七〇万キロワットです。これは全世界の三分の一以上にあたります。二〇〇〇年のドイツの容量は六一万キロワットですので、かなり増えたことがわかります。

-環境問題

執筆者:

関連記事

no image

熱帯林減少の問題

現在世界の森林面積は、約三五億ヘクタール、陸地面積の約三割を占めています。先進地域に一五億へクタール、発展途上地域に二〇億へクタールが分布しています。国際食糧農業機関(FAO)によりますと、一九八〇年 …

no image

現在は未来につながっている

『永続可能な社会』の構築は生半可なことではできません。これまでの流れ、これまでの価値観とは大きく違った尺度で考えなければなりません。さあ、「根本原因」を知ってしまった私たちは、これから何をすればいいの …

no image

交通体系の構築や自然との共生などの重要性

地域社会にとって、交通問題は頭の痛い問題。特に東京や大阪などの大都会では、自動車による大気汚染、騒音、交通混雑などが大きな問題になっています。公共輸送機関の活用などによって、都市の中心部への自動車の乗 …

no image

エジプトナイル川の氾濫

水の勢いがあまりにはやいと、その土地に十分な栄養をあたえることはできません。そのような時には、作物が実らず、昔は何千という人が餓死することもあったようです。この問題を解決するために、エジプト人は田畑の …

no image

かつてない氷の動きは南極観測を続けている科学者を驚かせています

かつてない氷の動きは、南極観測を続けている科学者を驚かせています。南極周辺の気温は、四〇年代より約二度も上がっています。すでに深刻な温暖化の影響が出ているのです。アルゼンチン有力紙ラナシオンによると、 …