雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

世界支配の基本的な使命は戦後まもない時期から変わっていない

投稿日:

国家の政策が目指すべきなのは、アメリカの市場進出と政治論文配に対しては開かれ、競合相手の出現や脅威は許さないシステムを世界に築くことであった。結果として、独自の発展に向けた動きは何でも警戒して阻止するようになる。経済に関する意思決定はきわめて中央集権化しており、政治は大企業が社会に投げかけた影だというジョン・デューイの記述は別に誇張ではなかった。

アメリカの政策立案がいかに狭い範囲で行われているか、政策は国内権力の組織的な枠組みから生まれ、それはあまり変わることがない。ドイッの敗戦が歴然としてくると、その計画は拡大されて、ユーラシア大陸も可能な限り含むものになった。野心は非ドイツ世界に限られていた。それは、アメリカの指揮下で壮大な領域として組織されるはずの世界であり、西半球と、かっての大英帝国及び極東が含まれていた。

世界支配の基本的な使命

世界支配の基本的な使命は、戦後まもない時期から変わっていない。例えば、アメリカによって管理された全体的な秩序の枠組みの中に他の主要大国を取り込む、世界のエネルギー供給を管理し続ける、望ましくない形をとる他国のナショナリズムを阻止する、国内の敵の中にある民主主義の危機を克服する、などである。政策立案者の専門用語で言う他国に感染するウイルスになる恐れがある。これが戦後の歴史の主要なテーマだったが、それはしばしば冷戦という見え透いたロ実のもとで隠蔽され、敵の超大国もまたその口実をより狭い範囲で利用してきた。

一九七〇年頃から国際的な経済秩序が変化した時や、その一〇年後に敵の超大国がかつての半植民地状態に戻った時、あるいは一九九〇年代初めにアメリカそのものを標的とした国際テロの脅威が始まり、9・11で衝撃的な頂点に達した時など。この使命は、時代が急激に変化する時にはとりわけ異なった形をとる。長年の間に、こうした変化に対応すべく戦術が修正され、暴力的な手段が徐々にエスカレートして、絶滅危惧種である人類を悲劇的な結末へと追い立ててきた。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

ソフトターゲット-攻撃目標が防備の強固な部分から変化

その権利とは、社会事業家や労働組合員、体制を支持しない人々、共産主義の過激派と見なされる人々を弾圧することができ誰もが対象になりうる。ケネディ政権は大変な苦心をしてわが国の正規軍を対ゲリラ戦部隊に作り …

no image

フランスを安全保障理事会から追い出し代わりにインドを入れるべき

インドの方が最近ではフランスよりもよほど真撃であり、フランスは、幼稚園でよく言われるように、他の人とうまく遊べない。トマス・フリードマンは、フランスを安全保障理事会から追い出して、代わりにインドを入れ …

no image

アメリカの外交政策の孤立主義

トルーマンは政策変更を説明するに際して、ギリシャ、トルコへ援助を提供することで地中海東部でのバランス・オブ・パワーを維持する必要性については語らなかった。その代わりに彼は、世界中いたるところで自由を謳 …

no image

アメリカへの麻薬密輸に使われるのを防ぐことを規定

パナマの場合、侵攻を実現させるために有無を言わさぬ主張がなされた。トマス・ピカリング国連大使が安全保障理事会に説明したところでは、国連憲章の第五一条は他国を防衛して、我々の国益と国民を守るために軍隊を …

no image

ヨーロッパ諸国を実物教育

NATOの空爆目的は、米国政府によって確立された冷戦後の時代の支配体制下に置かれないだろうと期待するヨーロッパ諸国を実物教育することだった。コソボの人々の窮状は懸案事項ではなかった、とべースヴィッチは …