雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

世界支配の基本的な使命は戦後まもない時期から変わっていない

投稿日:

国家の政策が目指すべきなのは、アメリカの市場進出と政治論文配に対しては開かれ、競合相手の出現や脅威は許さないシステムを世界に築くことであった。結果として、独自の発展に向けた動きは何でも警戒して阻止するようになる。経済に関する意思決定はきわめて中央集権化しており、政治は大企業が社会に投げかけた影だというジョン・デューイの記述は別に誇張ではなかった。

アメリカの政策立案がいかに狭い範囲で行われているか、政策は国内権力の組織的な枠組みから生まれ、それはあまり変わることがない。ドイッの敗戦が歴然としてくると、その計画は拡大されて、ユーラシア大陸も可能な限り含むものになった。野心は非ドイツ世界に限られていた。それは、アメリカの指揮下で壮大な領域として組織されるはずの世界であり、西半球と、かっての大英帝国及び極東が含まれていた。

世界支配の基本的な使命

世界支配の基本的な使命は、戦後まもない時期から変わっていない。例えば、アメリカによって管理された全体的な秩序の枠組みの中に他の主要大国を取り込む、世界のエネルギー供給を管理し続ける、望ましくない形をとる他国のナショナリズムを阻止する、国内の敵の中にある民主主義の危機を克服する、などである。政策立案者の専門用語で言う他国に感染するウイルスになる恐れがある。これが戦後の歴史の主要なテーマだったが、それはしばしば冷戦という見え透いたロ実のもとで隠蔽され、敵の超大国もまたその口実をより狭い範囲で利用してきた。

一九七〇年頃から国際的な経済秩序が変化した時や、その一〇年後に敵の超大国がかつての半植民地状態に戻った時、あるいは一九九〇年代初めにアメリカそのものを標的とした国際テロの脅威が始まり、9・11で衝撃的な頂点に達した時など。この使命は、時代が急激に変化する時にはとりわけ異なった形をとる。長年の間に、こうした変化に対応すべく戦術が修正され、暴力的な手段が徐々にエスカレートして、絶滅危惧種である人類を悲劇的な結末へと追い立ててきた。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

サダムフセインをアメリカがさまざまな形で援助してきた

圧制者は一九九一年の暴動を鎮圧することを許可された。一九九〇年八月にフセインが非協力的になってからは、政策とロ実は変わったが、ある要素だけは変わらず持続した。レーガンーブッシュ一世の時代(実際にはそれ …

no image

ンゲマ大統領は残忍さでは上位にランクされる人物だが

ウズベキスタンのイスラム・カリモフ、トルクメニスタンのサパルムラト・ニャゾフなど、中央アジアの独裁者たちも顔を揃えている。かつての友が並ぶ、ならず者のギャラリーが世間から忘れられるにつれて、新たなお気 …

no image

民主主義を価値ある重要なものと考える新聞や雑誌なら

ラトヴィアの元外相によれば、我々は敬礼し、大声でイェス・サーと言わなければならない。どんな犠牲を払おうと、アメリカを喜ばせなければならないのである。民主主義を価値ある重要なものと考える新聞や雑誌なら、 …

no image

一対一の土地交換と国境に沿った領土の分割の問題

一九九〇年代に、ヨルダン川西岸を事実上、二分させようとする明確な意図で企図された。交渉はイスラエルの選挙前にバラクによって中止され、暴力事件がエスカレートしたため、その後は再開されず、従ってそれがどの …

no image

核兵器は重大な政治的影響をもたらした

核兵器の持つ巨大な破壊力は、軍事的な手段と国家が追求する事実上すべての政治的目的の間に不均衡をもたらした。この目的と手段の範離は、ほとんどの状況で究極の兵器の使用に麻痺状態を生み出した。 19世紀プロ …