雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

新しい世界の指導者たちへの尊敬の念

投稿日:

自画自賛の合唱に加わるには、目をつぶらなければならない厄介な事実が幾つかある。まず何よりも目につくのは、近年、支配的超大国とその同盟国から明白な支援を受けて実行されたテロと残虐な犯罪だ。一千年紀の最後に盛んに見られたのは、輝かしいとは言い難い先人を愛くほどの自己礼賛と、非人道的行為を終わらせるために尽力する理想的な新しい世界の指導者たちへの尊敬の念だった。

史上初めて原則と価値観に献身する人々である。長い目で見れば、これまでの一千年紀には、戦争がヨーロッパ諸国の主要な活動だったという事実も無視せざるをえないだろう。主流をなす知的文化の内部では、これまでどおりうまく隠されている。テロと残虐な犯罪がきわめて重要であり、現実の歴史から姿を消さないのは、歴史の番人たちがそう望むから。

この不快な現実の根本的な理由は努めて考えまいとしなければならない。その中心にある悲劇的な事実は単純だ。弾圧は奏功する。仲間に多大な圧力をかける者は相手を服従させることができ、そうした張従から金やモノ、敬意、及び、力のない者には享受できない喜びを得る手段が引き出せるのだ。

対ゲリラ作戦が始まるまでの総額である

一九九七年には、対ゲリラ戦によって荒廃した土地から何百万もの人々が追い立てられ、数万人が殺害されるか、考えうる限りの野蛮な拷問にかけられた。これは陰惨な事件が頻発した一九九〇年代に起こった犯罪の中でも、ひどいものだ。悲惨な弾圧を受けたクルド人に対して、対ゲリラ作戦が始まるまでの総額である。

現実的な側面では、一九九七年は人権運動にとってそれなりに重要な年だった。その年だけでも、トルコに流出したアメリカの兵器は、冷戦時代を通じてアメリカがトルコに軍事支援した総額を上回っていた。
アメリカの外交政策が神聖な輝きをおびた崇高な段階に入ったとして賞賛され、その後の美辞麗句を決定づけた年である。別の直接的な評価を、これほど熱烈に歓迎された展望に対して試みるとすれば、アメリカの軍事支援の流れをよく考えてみることだ。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

アメリカの指導者たちはブラックボックスへの出入りは理解できても

ソ連はしばしば、アメリカが真に何を望んでいるのかを誤解した。ソ連はしばしば拡張主義的で、現状維持勢力ではなく革命勢力だ、と非難された。アメリカが国際政治での全体的枠組みの構築といった、不明確な環境目標 …

no image

世界の世論は軍事行動よりも外交と司法による解決を強く支持した

世界の世論は、軍事行動よりも外交と司法による解決を強く支持した。支持率が最も低かったのはラテンアメリカである。ヨーロッパでは、軍事行動に対する支持率はギリシャの八%からフランスの二九%までだった。例外 …

no image

イラクに対するアメリカ固有の恐怖と誤解がなければ

国防総省は、更なる部隊の展開は先例のない規模の国内危機を引き起こす危険があると恐れた。一九六八年には、大衆に対する恐れの念はきわめて深刻になり、更に多くの部隊をべトナムへ送る事態になった場合、治安維持 …

no image

生物兵器や化学兵器をフセインが使用してしまう可能性

国際的な軍事情報を扱う主要雑誌と同盟国の情報機関も同じ結論に達しており、アメリカが攻撃すれば反米及び反西洋感情を世界中に広めることになり、イラクを攻撃することはイスラム教徒のテロを減少させるよりも、か …

no image

クウェートの石油生産と投資からの利益に大きく依存していたイギリス

ナセルは非同盟運動を支えた人物であり、彼の影響力は他国にも及び、独立の機運を促すのではないかと恐れられた。中東では悪漢はナセルであり、狼狙した米英の指導者からは新しいヒトラーと呼ばれていた。こうした不 …