雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

世界貿易センタービル爆破事件以降、危険が迫っているのが明らかに

投稿日:

一九九三年の世界貿易センタービル爆破事件以降は、危険が迫っているのが明らかになった。もっと入念に計画が練られていれ、この事件は何千人もの死者を出した可能性がある、と貿易センタービルの技術者は報告した。アメリカのアキレス健になった、と同名のタイトルの論文は結論し、テロリストが利用しうる多数の選択肢を検討した。9・11が起こる遥か以前に、専門的な研究は念入りに計画された大量破壊兵器の米国内への持ち込み作戦であれば、少なくとも九〇%の成功率があると結論した。

以前から、工業国は圧倒的な優勢は維持できても、暴力による実質的な独占状態を失うと考えられてきた。外交問題評議会の研究グループもその他の可能性を追加した。テロ問題専門家のダニエル・べンジャミン(ハト派ではない)は、侵攻すれば史上最大規模の大量破壊兵器の拡散を引き起こすかもしれないと述べた。イラクを攻撃すれば、大量破壊兵器の拡散に拍車がかかるとも懸念されていた。

生物化学兵器を保持していたとすれば

フセインが生物化学兵器を保持していたとすれば、それらは厳重な管理下に置かれ、きちんとした指揮系統によって管理されていただろう。サダム・フセインは残虐な圧制者であることを証明したが、それでも合理的に考える人間ではある。フセインがそうした武器を世界中のオサマ・ビンラディンのような連中の手に渡すことは絶対にない。何しろ、フセイン自身にとっても、彼らは恐ろしい脅威だからだ。どの観点から見ても悪夢のシナリオである。攻撃されれば、イラク社会は崩壊し、それと共に大量破壊兵器の管理体制も機能しなくなり、それらは巨大な非通常兵器市場に流れるかもしれない。

イラク戦争前の体制側からの批判には、重要な特徴がある。批判が反映しているのは、ならず者超大国の態度に関して同じ体制側の人々が抱いている懸念、つまり世界の大半の人々が、この国を世界平和に対する最大脅威と見なし、外部から彼らの社会を脅かす唯一最大の脅威と考えていることへの懸念だった。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

北朝鮮は正式な標的とする最初の基準を満たしていない

その統合ぶりは、南北朝鮮が経済的に統一され、天然ガス・パイプラインが北朝鮮を通って敷かれ、同じルートでシべリア横断鉄道が延長されれば、更に強まるだろう。ロシア東部は天然資源が豊富で、北東アジアの工業中 …

no image

イラクが国連に大量破壊兵器保有を否定する報告書を提出した後のこと

フィナンシャル・タイムズ紙は、政策立案に関する批評の中で、武力行使の決断がなされたのは二〇〇二年一二月半ばだとしている。イラクが国連に大量破壊兵器保有を否定する報告書を提出した後のことだ。世界の人々の …

no image

第二次世界大戦末期の国際政治における際だった断絶

一九一八年にロシアを防衛的に侵略したケースは、二〇〇二年九月に帝国主義的なビジョンを追求する急進的ナショナリストが宣言した予防戦争の理論のもう一つの前例であることに留意されたい。ロシアにおける社会秩序 …

no image

米国大衆の三分の二がイラクの撤退に繋がるならば

提案は、米国政府職員によって報道陣にリークされ、彼らはそれらを真剣かつ交渉可能な提案と考えていた。一九九〇年八月のクウェート侵略後、イラクは広範な地域で解決を図ることを条件に、幾つかの撤退案を提示した …

no image

不適切な機関が国家支援の国際テロに絡む時消去されず賞賛される

不適切な機関が国家支援の国際テロに絡む時は、テロリストの残虐行為が完全に消去されずに、むしろ賞賛されることがある。それがよくわかる例は、エルサルヴァドルにかわって米軍事援助及び訓練の最大受入国になった …