雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

製薬会社の営業マンの仕込み

投稿日:2015年5月20日 更新日:

大学病院とはいえ、昼下がりともなると外来の患者も少なく閑散としていた。学生時代の友人が卵巣膿腫で入院したので、都内の大学病院に見舞いに出かけたI子さん。ふと目をやると、薬局の前のソファに、どこかで見たような背広姿が。あれはまぎれもなくわが夫である。それにしても、場違いなグレーの背広の背を丸めて、いったいなにをしているのだろう。おわず売店の柱の陰に身を隠すI子さん。

こんなところで、なんで工作なんかしてるのかしら?遠くからそっと夫の手元をのぞくと、なにやら細長いシールのようなものをひたすらチョキチョキとハサミで切っては、プラスチックの箱にペタペタとはりつけている。実はI子さんの夫は大手薬品メーカーのプロパーである。といってもI子さんは、夫の仕事がどんなものかはよく知らない。I子さんにはまったくわけがわからなかった。医者相手だというが、一体どうしてあんなに忙しいのだろう。ただ、とにかく忙しいことだけはたしかだ。朝は5時起きのこともあるし、毎晩のように接待で午前様。日曜もゴルフやおつき合いと称して、いないことが多い。

今日のことを恐る恐る聞いてみた

I子さんは慣れっことはいえ、さすがに夫の体のことを心配する今日このごろである。さっそく夜遅く帰宅した夫に、今日のことを恐る恐る聞いてみた。夫の説明によると、部下に担当の医師の診察室の番号を調べさせ、明日の朝、医局に忍び込んで、そのデスクを自社の薬品名でいっぱいにするのだそうだ。たとえば『シラン』という薬品を売り込もうというのなら、シランと名前の入ったラベルをボールペンからペン立てから定規から、あげくには壁にかけたカレンダーや予定表にまでシランシランシランと、ありとあらゆるものにはりつける。

今日していた作業はその明朝分の仕込みらしい。夫は悪びれるふうもなく、「ばかにしちゃあいけないよ。これでけっこう売り上げが違うんだよ。やっばり刷り込みってやつかなあ」そう言うけれど、それにまんまとハメられて薬を買う医者って・・。なんとも子どもじみた作戦をまじめに実行している夫って。首をかしげつつも、男の人って大変だなあと思うI子さんだった。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

教授回診のある秘密

ある大学病院には週に一度特診日がある。これは、教授が外来診察する特別診療日のことで、午前中に病棟の回診をし、午後は5時半まで予約のみの患者を受けつけるものである。あれが教授の仕事?たまたま内科診察室を …

no image

肝臓の位置を知っていますか?自分の体をよく知ろう

毎年、忘年会シーズンには、ここ何日か飲みすぎで、肝臓がキリキリ痛むんですよと、左の腹部を手でさする患者さんがいます。でも、ちょっと待って。肝臓は右の上腹部にあるんです。 肋骨の下方部分というのは当たっ …

no image

おすすめの消化器内科求人を紹介してもらえる会社を紹介

消化器内科のドクターは、一般の内科の先生の求人についで、求人が多い科であるようです。消化器内科のニーズは高く、色々な施設での求人があります。消化器内科は求人が多いので、求人を探す場合に、比較的良い求人 …

no image

お腹が痛い時の対処法、治す方法など

突然腹痛が起こってしまうことは誰にでもあると思います。うんちをしたくなった時にでも腹痛は起こりますが、それ以外にも、ストレスや緊張などでも腹痛は起こります。 よく、大事なイベントや仕事の時に急にお腹が …

no image

良性の病気がガンになるということは現実的に殆どありえない

・放っとくとガンになる 良性の病気がガンになるということは、現実的に殆どありえない。たしかに病気の中には放っておくとガンが発生するものもある。しかし、そんな病気は非常にマレだ。つまり、もし医者が放って …