雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

心理学

性的欲望は恋愛の中心的要素

投稿日:

古代シュメールの女王イナンナは、ドゥムジの性的魅力の虜になった。「ああ、ドゥムジー・あなたのふくよかさがわたしのよろこびです」。「北風よ、目ざめよ南風よ、舞い上がれわたしの庭に吹きつけわたしの香りを飛ばしておくれわたしの愛を彼の庭へと運び/彼の甘い果実を食べさせておくれ」。

耳にいちばん心地よく響くのは、作者不詳の古いイギリスの詩だ。「西風よ、いつ吹いてくれる小雨がばらつくのもよしーいまこの腕のなかに愛する人がいたらそしてふたたびわたしの床についてくれたなら」。

多くの人々と同様、フロイトもまた、性的欲望は恋愛の中心的要素だと考えていた。これはなにも目新しい考えではない。五世紀のインドで生まれた愛の手引書カーマスートラを研究する人なら、「欲すること」を意味する「ラブハ」を語源とすることを知っている。

性的に独占したいのが恋人

性的に独占したいのが恋人、どうでもいいのが友だち恋人たちはまた、相手を性的な意味で独占したがってもいる。自分たちの「神聖な」関係を、他人に汚されたくないのだ。「たんなる友だち」とベッドインしたのなら、相手がほかのだれとべッドをともにしようが、さほど気にしないかもしれない。しかし男と女がいったん恋に落ちて、相手との感情的な一致を切望しはじめると、性的な意味でも誠実さを心から望むものだ。

世界各地の恋愛物語の多くに、性的な独占欲と同時に、相手の貞節を求める恋人たちの気持ちが描かれている。たとえば、「金髪のイゾルデから引き離されたトリスタンは、「色白の手をしたイゾルデという似たような名前の女性と結婚した。愛する人と名前が似ているから、というだけの理由で。

恋する感情に性的な欲望が絡み合っているのは、もっともなことだ。もし恋愛感情が、少なくとも受精が完了するまでわたしはこの説を支持しているが、交配のエネルギーを「特別な」個人に集中させるために祖先のなかで進化してきたものなら、恋愛感情が性的欲望と結びついていなければおかしい。

-心理学

執筆者:

関連記事

no image

人はいつから恋の詩をつくるようになったのか?

言語能力に長けた人、音楽的なセンスのある人など、能あふれる男女が交配相手に選ばれるようになった。ミラーはこう結論づけている。「心は月明かりの下で進化してきた」。 人はいつから恋の詩をつくるようになった …

no image

自己愛傾向尺度と特徴

自己愛傾向の特徴。それは、自分の心の中の理想自己の実現にしか関心がないために、自分本位の一人合点、自分に都合のよい思い込みといった性格傾向が顕著なことである。「風と共に去りぬ」のスカーレット・オハラの …

no image

自己愛が肥大化した全能感の持ち主

神秘体験が、教祖との融合や一体感をさらに促進する。一人一人が自己愛が肥大した全能感の持ち主になっている。その分、これらの体験や信仰を共有しない人々を過小評価したり、時には攻撃的、迫害的な対象として体験 …

no image

恋愛ホルモンオキシトシン

オキシトシンは、自然のいたるところで見つかるホルモン。バソプレシンと同じように、オキシトシンも視床下部、そして卵巣と精巣で生産される。しかしバソプレシンとはちがって、オキシトシンは出産プロセスの最中に …

no image

微妙な人間関係や心と心の情緒の世界で

ある人の話。かつての親友なので、自分から出かけていって、彼の更生に何とか自分が役に立とうとなにくれとなく世話をした。相手も感謝してくれていると思っていた。そんなつき合いの中で、自分の家に遊びに来てもら …