雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

精神科医におすすめの転職サービス

投稿日:2015年4月27日 更新日:

精神科医の先生が転職を考える場合、求人を探すのはけっこう大変です。というのも、精神科医向けの求人が少ないからです。ご自分で探すと分かると思いますが、なかなか良い求人が見つかりにくいです。もしも、ご自分で探すのであれば、転職支援サービスを利用したほうがいいと思います。

転職支援サービス大手のエムスリーキャリア医師転職ドットコムなどを利用すれば、数万件の求人を保有しているので、精神科医向けの求人も見つかりやすいです。どうしても良い求人が見つからないのであれば、こういった転職支援サービスを利用したほうがいいでしょう。

求人数が多ければ多いほど、良い条件の求人に出会いやすいですから、本気で将来のことを考えるのであれば、転職支援サービスを利用して、しっかりと転職先を探したほうがいいと思います。転職支援サービスは無料で利用できますので、利用しやすいでしょう。

精神科を選ぶ医師

最近は、医学の世界でもご多分にもれず超多忙で体力のいる外科系は、敬遠されるらしいです。医学生は卒業間近になると、どの科を選択するか大いに悩む。

精神科を選ぶというのは、かなり勇気のいる行為です。それどころか、多くの医学生にとって、その選択はハナから考えもつかない、とんでもないことなのです。精神科の問診はどんなに短くても30分、1時間などザラ。しかもそのやりとりは、どんな調子ですか?眠れないんです。布団に入っても寝つけない?いえ、眠れないから布団に入らないんです。終始こんな感じなのです。

ほかになにか?幻聴が聞こえます。どんな?だれかが話しかけてくるような。だれかな?知っている人?こんな会話がえんえんと続く。患者の言うことに飽きもせずにウンウンと耳を傾け、それは親身になって話を聞く。実習が終わるとだれもがグッタリとして、頭の中がぐわんぐわんする、と。

それでも、精神科を選ぶ先生はいます。仕事は本当に大変ではあるのですが、やりがいもある仕事なのでしょう。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

妊娠後の死産を増やすある産婦人科の話

地方都市の近郊にある土着の病院で、親子代々がお産するので有名だった。先代の死後、二流私大を出た息子が病院を継いだ。彼はポルシェを乗り回し、若い看護婦を次々に愛人にしていた。関東にあるベッド数五十床ほど …

no image

既往歴の意味-あらかじめ過去の病気などを思い出しておく

久しぶりに病院に行くなら、今までの病気の歴史を復習しておくといいでしょう。初めての病院に行くと必ず質問されることがあります。最初に、どうなさいました?と聞かれます。今回、どのように具合が悪いか、という …

no image

医師の休日はあってないようなもの

今はもう見なくなったポケベルですが、ポケベルは、昔は、まだ特殊な職業の人しか持っていなかったモノです。大学病院での勤務医はポケベルの費用も自費でした。当直で稼いだお金で、ポケベルを買ったり、リースの契 …

no image

日本でも前立腺がんに対する組織内照射の要望が強い

前立腺がんの治療で行われるホルモン療法は、日本ではほぼ全例に行われている。手術した場合には半数以上に性機能障害や尿失禁などの後遺症を残すという。 前立腺がんの治療で行われるホルモン療法は、欧米では心血 …

no image

アトピーの原因や症状は?薬で治療できるのか

アトピーは、はっきりと原因が解明されている病気ではありませんが、皮膚の状態が良くない時に、ダニやほこりなどのアレルゲンの侵入があった時に発症するのではないかと言われています。 アトピーは基本的に子供に …