雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

心理学

精神分析の操的防衛機能

投稿日:

スカーレット・オハラは魅力的で美しい女性なので、みんなが彼女の無理やわがままをかなり受け入れてくれる。そのことで自己愛が満たされるのが当たり前という思い込みができあがっている。またそれを活力にしていたのだが、自分を力づけるこれらの自己愛幻想を次々につくり出し、それを活力源にするスカーレットの能力も人並みはずれて巨大である。

博然とした彼女は、「私を愛していなかったなんて、なんてひどい仕打ちなの。私は幻を愛してきたのね」とつぶやく。文字どおり彼女は幻を愛していたのだが、このように自分に都合のいい幻をつくり上げて、その幻を活力にするのが自己愛パーソナリティの特徴である。

彼女はここで、自己愛の傷つきにうちひしがれてうつ状態に陥ったり、活力を失ったままに意気消沈してはいない。彼女は、苦痛や不倫快なこと、悲しいことは一気に心の中で打ち消してしまう。そして、楽しいこと、未来への希望、強さを心の中に思い描き、弱い自分、悲しみや傷つきはすべて心から追い払ってしまう。精神分析では、このような心の働きを「操的防衛」と言う。

彼女はかなりちゃっかりしている

彼女はかなりちゃっかりしている。つまり、周りがこんなに深刻な死の悲しみにひたっているというのに、彼女はあの従妹のメラニーの死を悲しむ暇もなく、自分のことを考えはじめる。そして、アシュレーを失うやいなや、あっという間に彼女は「私には夫レット・バトラーがいた」ことを思い出す。

躍的防衛は英国の精神分析学者メラニー・クラインの定義した概念。悲しいこと、苦痛なことについて悩んだり、傷ついたりしている精神状態から、一挙に、このような心的リアリティを否認し、自分が頼っていた失った依存対象を過小評価し、自分はだれにも頼らず、元気で強いんだという自己像を描き出すことで、苦痛や悲しみを克服する心のメカニズムを言う。

そして今度は、レット・バトラーはまだきっと自分のことを好きなんだと思い込んでいる。だから、自分がバトラーのところに行けば、バトラーはきっと自分を受け入れてくれるだろうという期待を抱くのであった。

-心理学

執筆者:

関連記事

no image

本当は今の瞬間の関係をいっているにすぎない

僕とか君とか彼とかいっても、本当は今の瞬間の関係をいっているにすぎないんで、過去のA郎は僕でも君でも第三者でもよい。は自分が生き続けるために、何もそっくりな人間を人工的に残す必要はなかったんで、誰にで …

no image

別離に関する驚くような世界的パターン

世界中の離婚した夫婦は、結婚してから四年目あたりで別れる傾向にある。こうしたパターンには意味がないように思えた。しかしほかの動物の交尾習性を読んだとき、驚くような類似点が浮かび上がってきた。 国連が発 …

no image

新しい生活を割り切った気持ちで始めるつもりだった

私はA一と妻の前で変装を解いて、A郎の姿になり、C子に助けられながら、事のしだいと私の気持をすべて打ち明けた。そしてA一も自分も同じA郎なのだから、今のA一の家庭生活や社会生活はそのまま尊重してA郎を …

no image

そうなのよと断定的に言われると本当にそうだとみんな信じ込んでしまう

何となく見抜いたX課長は、それとなく若い人に「あんまり安心しておしので、A子さんのパーソナリティのどこにその小さな狂いがあるのかは、なかなかつかめないでいる。有能な職場の女ボスであるA子さんの周りで、 …

no image

前頭前皮質というすばらしい脳の部位の機能があるからこそ

恋人のことを考えて、感じて、思いだす脳たとえば前頭前野皮質だ。脳のパーツがより集まったこの部分は額のすぐ裏側に位置しており、ほかの霊長類とくらべると二倍の大きさがある。それだけでなく、思考のための余分 …