雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

保険

生死混合保険とは?

投稿日:

~生死混合保険~

生存保険と死亡保険の組み合わせ方には実にさまざまなパターンが考案できるので、現在販売されているたくさんの保険種類のうち、純粋な死亡保険を除くほとんどのものが、この生死混合保険の範囲にはいるといえましょう。このタイプの保険は、保障と資金蓄積の両方の目的を同時に満たす保険種類で、その典型的なものは、生存保険と死亡保険とを同額ずつ組み合わせ、期間途中で亡くなった場合も、期間満了まで生存した場合も、同額の保険金が支払われるようにした普通養老保険です。

生死混合保険とは、生存保険と死亡保険とを組み合わせたものです。したがって、被保険者が保険期間内に亡くなった場合も、満期まで生存した場合も、どちらも保険金が支払われます。

生存保険

このタイプの保険では、満期保険金あるいは年金を受け取るための財源を保険料に含めて積み立てていきますので、保険料は当然、死亡保険より高くなります。生存保険は、満期後に満期保険金を活用することを目的として利用される保険種類ですから、このタイプの保険への加入は資金蓄積を目的とする人に適していることになります。個人年金保険がこの代表的なもので、典型的な自分のための保険です。

実際に販売されている生存保険は、理論的に純粋な生存保険ではなく、いくらか死亡保険的要素が組み合わされているほか、たとえば被保険者が保険期間の途中で亡くなった場合にも、それまでに払い込まれた保険料分くらいは支払う、という考え方が一般的にとられています。生存保険とは、被保険者が一定期間経過後生存している場合にだけ保険金が支払われる保険です。

死亡保険とは反対の性質をもっており、純粋な生存保険では、保険期間の途中で被保険者が亡くなったときには何も支払われず、保険料は掛け捨てになります。しかし、このような純粋な形の生存保険では、保険期間の満了まで生存されている人にとっては給付がうんとよくなり、利回りが上がることになる半面、途中で亡くなった方の関係者に不満が生じる懸念があります。死亡保険のように、幸い生き残ったものが亡くなった人の遺族を援助してあげるのはわかるが、純粋生存保険では、亡くなった人がせっせと積み立てたものを、生き残ったものが全部とってしまうのはひどいじゃないか、というわけです。

-保険

執筆者:

関連記事

no image

保険選びのポイント-同じ条件ならどこが安いかを調べましょう

同じ条件ならどこが安いかを調べましょう。いろいろな生命保険会社の資料を取り寄せて、同じ条件であればどこが最も割安なものを売ってくれるかをリサーチすることです。オプション付きの保険を扱っている保険会社の …

no image

上皮内癌の保険-転移の可能性がないといわれている病気

ガン保険は入っておいたほうがいいのでしょうかという質問をされる方は多いものです。長期入院の費用発生リスクに保険で備えたいなら、医療保険よりもガン保険に1本入っておいたほうがいいのではないかと思います。 …

no image

保険会社は破綻の可能性もあることを考えておこう

たとえば、抱き合わせ保険の定期保険特約付終身保険またはアカウント式保険に加入しているとする。保険の基本となる主契約は終身保険かファンドと称する積み立てだろう。それ自体、保障額の大小や存在意義があるかど …

no image

契約自動更新がついている定期保険の場合など

定期保険は、保険期間中に被保険者が亡くなった場合だけ保険金が支払われる仕組みですから、その保険料の中身は、お互いの助け合いの部分と保険会社の事務費だけです。したがって、保険期間が満了しても受け取れるも …

no image

年収が同じレベルの保険営業マンと同じ保険に入るには

憧れのスポーツ選手の真似などと違って、保険の場合は実に簡単です。イチロー・モデルのバットを買った人が、皆、ヒットが打てるとは限りませんが、年収が同じレベルの営業担当者と同じ保険に入るには、健康診断をク …