雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

保険

生死混合保険とは?

投稿日:

~生死混合保険~

生存保険と死亡保険の組み合わせ方には実にさまざまなパターンが考案できるので、現在販売されているたくさんの保険種類のうち、純粋な死亡保険を除くほとんどのものが、この生死混合保険の範囲にはいるといえましょう。このタイプの保険は、保障と資金蓄積の両方の目的を同時に満たす保険種類で、その典型的なものは、生存保険と死亡保険とを同額ずつ組み合わせ、期間途中で亡くなった場合も、期間満了まで生存した場合も、同額の保険金が支払われるようにした普通養老保険です。

生死混合保険とは、生存保険と死亡保険とを組み合わせたものです。したがって、被保険者が保険期間内に亡くなった場合も、満期まで生存した場合も、どちらも保険金が支払われます。

生存保険

このタイプの保険では、満期保険金あるいは年金を受け取るための財源を保険料に含めて積み立てていきますので、保険料は当然、死亡保険より高くなります。生存保険は、満期後に満期保険金を活用することを目的として利用される保険種類ですから、このタイプの保険への加入は資金蓄積を目的とする人に適していることになります。個人年金保険がこの代表的なもので、典型的な自分のための保険です。

実際に販売されている生存保険は、理論的に純粋な生存保険ではなく、いくらか死亡保険的要素が組み合わされているほか、たとえば被保険者が保険期間の途中で亡くなった場合にも、それまでに払い込まれた保険料分くらいは支払う、という考え方が一般的にとられています。生存保険とは、被保険者が一定期間経過後生存している場合にだけ保険金が支払われる保険です。

死亡保険とは反対の性質をもっており、純粋な生存保険では、保険期間の途中で被保険者が亡くなったときには何も支払われず、保険料は掛け捨てになります。しかし、このような純粋な形の生存保険では、保険期間の満了まで生存されている人にとっては給付がうんとよくなり、利回りが上がることになる半面、途中で亡くなった方の関係者に不満が生じる懸念があります。死亡保険のように、幸い生き残ったものが亡くなった人の遺族を援助してあげるのはわかるが、純粋生存保険では、亡くなった人がせっせと積み立てたものを、生き残ったものが全部とってしまうのはひどいじゃないか、というわけです。

-保険

執筆者:

関連記事

no image

医療費が最大いくらかかるのかを知っておくと安心

自営業者が多く加入する国民健康保険(国保)は、保険証に名前のある人全員の所得を合算するため、仕事上で大きな利益が出ていなくとも上位所得者に該当する可能性が高くなります。国保加入の方は役所(国民健康保険 …

no image

保険のシステムをお客が理解できていないという課題

保険業界においては、分割払いの仕組みといった、お客様がシステムを理解するための基本的な情報さえも提供されていません。保険に限らず、どんな商品も相応の料金設定がされているはず。損得で言えば、売る側が損を …

no image

普通養老保険と特殊な養老保険について

~普通養老保険と特殊な養老保険~ 普通養老保険に加入できる保険金額は、保険会社や被保険者の年齢により違いますが、追加加入分を含めて最高は五億円になっています。この普通養老保険をベースとして、各社がさま …

no image

保険の支払い総額をちゃんと知っておこう

生命保険の設計書のいちばん下の部分には、非常に細かい文字で、実に大切なことが書かれています。ほかの設計書でもほとんどが小さい文字になっていますから、細心の注意が必要です。 設計書に記載しないケースや、 …

no image

生命保険商品は基本形のみで商品化している場合が多いが

主契約+特約が商品成立の基本パターン、生命保険商品の作られ方の基本をご紹介します。 保険証券に印字されているペットネームでない名称の最後に来る○○保険が主契約、その前に来ている言葉は、 ・配当の付き方 …