雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

過激な政策制度を公式に宣言

投稿日:

チェイニーラムズフェルドパウエル及びその仲間は、過激な政策を公式に宣言していた。必要であれば軍事力にもの言わせて、永久に世界の覇権を握ることを目指す政策を発表したのだ。大国はやりたいことをやり、小国は受け入れなければならないことを受け入れるというトゥキュディデスの格言を賢明に繰り返したものだと考えていいだろう。二〇〇二年九月に帝国の壮大な戦略の全容が明らかになると、当然のことながら警報が発せられた。彼らの立場は、専門家か反体制派の文献の読者にしか知られていない。

中間選挙のキャンペーンが始まった。予防戦争の標的には次のような特徴がなければならない。わざわざ苦労するだけの価値がある重要な相手でなければならない。実質的に無防備でなければならない。その相手を究極の悪呼ばわりし、我々の生存を脅かすさし迫った脅威として描く方法がなければならない。イラクは、これら全ての条件を満たしていた。

アチソンやソーファーの場合

アチソンやソーファーの場合は、政策のガイドラインを説明していたのであり、それも上層部の中でだった。彼らは世界中にそのメッセージを伝えようとし、直ちに行動に移って、自分たちが本気であることを世界に悟らせた。そこが大きな違いである。政策の具体例となるような行動をとって、その政策を国際法の新たな規範として確立しなければならない。壮大な戦略の宣言は、国際問題の中の不吉な一歩として正しく理解された。

だが、世界の大国にとって、公式政策を宣言するだけでは充分ではない。法律というのは融通の利く生きた道具であって、今や行動の指針として新しい規範ができた。こうして帝国の新しい戦略が発表されると、戦争の太鼓が鳴り始め、イラク攻撃に向けて国民を熱狂的に駆り立てていった。ブッシュとブレア及びその仲間が情熱をこめた演説を繰り返すだけで充分だったのだ。二〇〇三年一月に一般教書演説の中で大統領が巧妙に述べたてた非難の言輝は、実にもっともらしく聞こえる。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

キューバ問題を巡ってアメリカのホワイトハウス内でヒステリックな雰囲気

強い社会だけが、どうにか生き残れるとケネデイは国民に告げ、後輩レーガン主義者が、やはりテロ戦争を遂行するにあたって大いに活用したテーマを打ち出した。行動計画を求めて血眼になるような反応が生じた。二日後 …

no image

アメリカによるアフガニスタンの空爆を正当化するなら

米英によるアフガニスタン爆撃を正当化するために提示された法的論拠について考えてみよう。彼の言葉は、タリバンやアルカイダに対するよりも、ニカラグアに対するアメリカの戦争の方に遥かにびったり当てはまる。ク …

no image

クリングホッファーの殺害はアラブのテロリズムという悪を象徴する事件

クリングホッファーの殺害は、アラブのテロリズムという根絶しがたい悪を象徴する強烈で忘れがたい事件で、テロリストという社会の害虫に対しては交渉の余地がないことを示す決定的な証拠でもある。イラク侵攻の成果 …

no image

大惨事に発展しうる重大な危機を前に指導者が脅迫や武力に訴えた例

アメリカ人の多くは例外的な特権と自由を享受し、それゆえに将来を左右する能力をもっている。だからこそ、特権につきものの責任には慎重に対処しなければならない。この国の行動と指導原理は、地球上に住む全ての人 …

no image

ソ連の防衛体制は壊滅的な打撃を受けた

戦争の初期段階で、ソ連の防衛体制は壊滅的な打撃を受けた。これとは対照的に、アメリカの政治文化は自由民主主義、多元主義、権力の分立を重視した。後発性への恥じらいではなく、アメリカはその技術力と経済の拡張 …