雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

保険

生命保険料控除制度について

投稿日:

生命保険と税金生命保険に加入した場合、契約者側からみて保険制度は、一つは保険料を支払い、もう一つはそのリターンとして保険金(または給付金)を受け取る、という二つの流れになりますが、この二つの流れのそれぞれに国民の自助努力を支援するなどの目的で税制上の優遇措置がとられています。契約を取り扱った営業職員に対してはある意味で監査的な立場にあるため、孤独でもあります。テレビでみるアメリカの保険調査員はカッコよく、軽快に険金詐欺事件などを解決していきますが、実際にはこの確認の仕事は地味で苦労の多い仕事です。

今後の方向としては対象をだんだん多くし、内容の確認をした契約については、契約後二年以内でも死亡後直ちに保険金が即時無条件に支払われるという形が望ましいと思います。理想的には、全契約についてこれが実施できれば、亡くなった後での契約解除の問題も解消しますが、コストの関係や優秀な担当者を数多く確保しにくいことなどから、まだ全面的には実施されていません。

一定部分を所得から差し引いてくれます

生命保険料控除生命保険に加入し、その契約の保険金受取人を自身または配偶者、親族としているときは、その年の一月から十二月までの一年間に支払った保険料のうち、一定部分を所得から差し引いてくれます。これを生命保険料控除制度と呼んでいます。保険期間が五年未満の貯蓄保険、財形貯蓄積立保険、財形住宅貯蓄積立保険、財形年金保険、財形年金積立保険は、控除の対象から除かれます。所得が少なくなる、税金も安くなるという制度で、この特典は、所得税と住民税の両方に適用されます。

申告納税者の場合は、二月十六日から三月十五日までに行われる確定申告の際、その控除 を受ける保険料を確定申告書に書いて、税務署に提出しなければなりません。この証明書は、とくに請求しなくても必要な時期までに、保険会社から手元に届け られるようになっています。申告するとき、実際に 支払った保険料が一年間で一契約につき九千円をこえる場合は、保険会社が発行する証明書が 必要です。

-保険

執筆者:

関連記事

no image

家族収入保険は必要?類型を見てみよう

家族収入保険には、スタイルがいろいろとある。家族収入保険の類型を見てみよう。 家族収入保険でも、特定障害状態、要介護状態、高度障害状態になると、死亡しなくても、一定の決められた条件になると保険料免除に …

no image

終身保険の必要性や簡易保険の重要性など

若い人はそれほど保障は必要ないから共済で十分という考えもありますが、これでは、将来、民間の生命保険で不足部分の保障を増やそうとしたとき、年齢に応じた高い保険料を支払うことになります。若いときに民間の終 …

no image

生命保険の医療特約があまりおすすめできない理由

高い保険料を払えたとしても、その時の健康状態や過去の病歴によっては、新たな保険に入れない危険性大だ。特約で入っている医療保障はー日でも早く解約して、単独の、一生涯保障のある医療保険に加入し直してほしい …

no image

かんぽの保険は絶対につぶれることはないの?

一つ、頭を切り替えていただきたいことがある。それは簡易保険のことだ。かつての簡保は、国が行っている保険事業だった。民間の保険会社がつぶれても、簡保がつぶれる事は絶対にないと思われていた。万がー、簡保が …

no image

はいれます終身保険(シニア入院保険)という保険ってどうなの?

アリコジャパンはいれます終身保険(シニア入院保険)は、五〇歳から八〇歳まではだれでも入れるが、だれでも入れるが、一定の条件があるようだ。 だれでもはいれますといっても、そこには一定の条件があり、その条 …