雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

保険

生命保険、入院給付金、税金など

投稿日:

高度障害、傷害、入院給付金の税金=これらの給付金を、本人または配偶者、あるいはその他の親族が受け取ったときは、税金は全くかかりません。従業員および役員を被保険者とする団体定期保険では、会社の負担する保険料は企業としては全額損金となります。会社の負担する保険料の課税関係団体定期保険、個人定期保険、定期付養老保険、定期付終身保険は、会社の福祉対策や、経営者に万一のことがあった場合の当座の切り抜け資金などとして、広く利用されています。

死亡保険金にかかる税金=死亡保険金については、保険料を支払った人、保険がかかっていた人、保険金を受け取った人の組み合わせにより、かかる税金が変わります。相続税の対象となる保険金には、生命保険金控除の特典があります。契約者と被保険者が同じ人の場合は相続税、契約者と被保険者が違う場合は、契約者が受け取れば自分が払った保険料で保険金をもらうため、所得税(一時所得)、契約者以外の人がもらえば贈与税、ということになります。

個人定期の税制上の優遇措置を利用すると

個人定期保険を会社経営の安定に利用する場合は、会社を契約者とし、従業員および役員を被保険者とし、会社もしくは被保険者の家族を保険金受取人とする契約形態となります。金受取人が会社となっている場合でも、従業員および役員の家族となっている場合でも、従業員および役員に会社の負担する保険料の所得税はかかりません。

個人定期の税制上の優遇措置を利用すると、団体定期保険に加入するには人数が足りない場合や、団体定期より高額の保障を望む場合などに、有利に保険を活用できます。会社の負担する保険料は、企業としては全額損金となりますし、従業員および役員には所得税はかかりません。定期付養老保険や定期付終身保険の保険料については、定期保険特約部分およびその他特約保険料が全額損金となります。保障額、あるいは資金準備の目標額は、現状で十分でしょうか。不足を感じれば、いまの保険の増額なり、新しい保険への加入の検討が必要です。

-保険

執筆者:

関連記事

no image

保険っておまけのために入るものなのだろうか?

アフラックのEVERボーナスという商品があります。医療保険2005という、主に入院時に備える保険に健康祝金特約が付加されたものです。入院給付金が1日1万円コースのプランでは、10年ごとに10万円の健康 …

no image

アメリカンファミリーのがん保険がおすすめされている理由

ネットを見ていると、保険の相談でガン保険はどの商品がいいと思いますか?という質問がよくありますが、アメリカンファミリー生命のガン保険を調べてみてはという答えが多いようです。最近はガンの告知を受けずに治 …

no image

かんぽ保険の新たな収益狙いとその特徴

郵政民営化で、かんぼにも民間並みのリスクがあります。簡保も長くつきあう生命保険の1つ。私たち自身が先々の変化を見据えつつ、柔軟な対応ができるようにしておくことが大切です。 保険金額には上限があるものの …

no image

初めて保険に加入する人は必ず見ておきたいチェックポイント2つ

これは初めて生命保険に入る人はもちろん、自分の保険内容を見直す人にも共通する最小限かつ最重要のチェックポイントです。最重要ポイント攻略法。初めての人も安心!これだけチェックポイント。この2つのポイント …

no image

生命保険料控除制度について

生命保険と税金生命保険に加入した場合、契約者側からみて保険制度は、一つは保険料を支払い、もう一つはそのリターンとして保険金(または給付金)を受け取る、という二つの流れになりますが、この二つの流れのそれ …