雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

保険

生命保険ハーフタックスについて

投稿日:

1/2TAX養老保険には、役員の加入が認められています。制度導入あるいは改定の際には、役員の加入についても規定しておくとよいでしょう。他の制度と異なり、保険料の2分の1を損金算入しながら役員退職金の準備もできます。

1/2TAX養老保険は、全員一律の金額での付保ですか?ー股従業員と役職者で付保金額に格差をつけられます。定期的な見直しは行っていますか?退職済の従業員契約は解約していますか?入社3年以上の社員は全員付保されていますか?「福利厚生規程」は整備されていますか?

普遍的加入の要件は充足していますか?男性だけ付保している、勤続5年以上の社員だけ付保している1〜3年以上勤続の社員にしましょう。従業員の過半数が同族である、役員・従業員に対する「給与」とされます。

最高付保金額3,000万円

全従業員が同額で加入していることも要求されていません。従業員は300万円、課長以上は500万円というように、役位ごとに格差を付けることも可能です。役位ごとの格差については明確な基準はありませんが、「最高付保金額3,000万円」が一般的に認められる限界と言われています。

保険料は10年養老保険の方が65歳満了養老保険よりも相当高くなる(=損金算入額が大きくなる)ことから、特にバブル時代には10年養老保険での高額提案が損金話法の主流となりました。

ちなみに、すべてが1/2TAX養老保険契約ではありませんが、簡易保険の10年満期養老保険の満期到来件数と保険金額の概算は、·2003年度125万4,000件3兆8,226德円·2004年度80万8,000件1兆8,460億日·2005年度90万1,000件2兆2,473億となっています。

1/2TAX養老保険で多いのは、10年満期で設計しているものです。もともとは簡易保険が、昭和30年代から積極的にこの1/2TAX養老保険を販売していましたが、高度成長時代には従業員の離退職率が高まったこと、インフレによる貨幣価値の大幅な低下に対応するため定期的な増額措置を講じる必要があることなどの理由により、10年満期養老保険での提案が主流を占めるようになりました。

養老保険は、満期時に満期保険金が支払われるもので、定期保険や終身保険に比べて、割高になってしまう場合があります。

-保険

執筆者:

関連記事

no image

保険の積立配当、据置配当と呼ばれるものについて

保険会社では、社員配当金の受取方と利用法契約が有効に継続していれば、普通、契約後満二年経過してから社員配当金を受け取れるようになります。また、慎重を期するため、契約成立後、保険証券を送付する際に申し込 …

no image

生命保険の死亡保障は多すぎる-常識にとらわれていてはダメ

あなたの家計を守る、必要最小限の死亡保障というものがあります。企業経営にはリスクマネジメントという手法があります。これは、想定されるさまざまなリスクを計画的、組織的に管理するためのもの。この考え方を家 …

no image

生命保険の解約返戻金のことを理解しておきましょう

解約返戻金や満期保険金に配当金を加えた数字を受け取ることができると安心するのは、大きな間違いです。配当金に関して注意しなければならないのは、それは決して確定の金額ではないということです。ここ数年の状況 …

no image

生命保険で損をしないために-転換などしなくてもいいという意見

転換などしなくても、自分の目的に合った保険は必ずあるので、自分のニーズに合わせて選び、目標(金額・期間)を決めれば、どういう保険が最適かおのずから分かり、簡単に最良の選択ができる。もし今までに転換させ …

no image

子供保険の必要性-教育・結婚・独立資金準備に

こども保険では、満期(通常は進学年齢、結婚年齢など、子供のためにまとまった資金が必要な時期に合わせる)のときに子供が生存していると保険金が受け取れます。また不幸にして、保険期間の途中で契約者である親が …