雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

保険

生命保険は分類の仕方によっていろいろな分け方ができるが

投稿日:

~生命保険の基本種類~

生命保険は人の生死を中心とするものですから、保険の対象になっている人(被保険者)が亡くなった場合にだけ保険金が支払われる死亡保険、被保険者が一定期間経過したあとで生存している場合にだけ保険金を受け取れる生存保険、この両者の組み合わせで、一定期間内に亡くなっても、あるいはその一定期間満了時に生存していても保険金が支払われる生死混合保険の三つが基本種類になります。

生命保険の種類は、分類の仕方によっていろいろな分け方ができますが、どんな場合に保険金が支払われるかの理由別の分け方が、基本的なものでしょう。

ほとんど同じタイプの保険でも、保険会社によってニックネームが違います。このため、一般には、保険種類はとてもたくさんあって複雑だ、という感じをもっておられるのではないかと思います。しかし、生命保険の基本的なタイプとしては、生存保険、死亡保険および生死混合保険の三種類で、これをさらに細別しても、個人保険の場合およそ十種類ほどにすぎません。

新しい保険種類をたえず研究、開発

生命保険会社では、消費者の生命保険に対する要望に対応した新しい保険種類をたえず研究、開発しています。これらの保険には、それぞれ工夫をこらした名前(販売用の名前、ニックネーム)がつけられていますが、このニックネームは、ひとつひとつの保険のほか、その組み合わせや、いろいろな特約とセットしたプランなどにもつけられています。

実際に提供されているたくさんの保険種類はこれらいくつかの基本的な要素の組み合わせ方とそのウエートの差、および、いろいろな特約とのセットの仕方によって特色づけられているのです。生命保険商品には、本当にたくさんの特約などの種類が存在しているのですが、いくつかの基本的な要素の組み合わせ方とそのウエートの差、セットの仕方を変えているだけです。できるだけ、特約などは付けすぎないほうがいいでしょう。

-保険

執筆者:

関連記事

no image

特約保険料もバカにならない-本当にその内容でいいの?

付加されている特約は、この年齢で本当にこんな特約が必要かと、首を傾げたくなるどころか馬鹿馬鹿しくてまともに論評もしたくない、という内容が大手を振ってあふれているようだ。主契約の保険料が二〜三〇〇〇円な …

no image

保険給付金がもらえるかもらえないか微妙なケース

こんな時は保険金・給付金がもらえるかという例で、例えば、1入院120型の医療保険に入っています。60日間入院後、1ヶ月ほど自宅療養し、再度同じ病気で70日間入院。それぞれ120日以内なので入院給付金は …

no image

ゼロ金利貯金よりも予定利率1.0%の生命保機のほうがお得?

「予定利率1.0%の生命保機のほうが、ゼロ金利の預金よりも有利では?」 結果論と言うと、これは明らかな動違い。今の生命保険は貯蓄には向きません。生命保険の保険料を払い込むと、通常はまず最初に付加保険料 …

no image

給付金がもらえないことにならないように注意しましょう

もし電話で保険事故が発生したことを知らせる際、保険会社への連絡事項はけっこう多いものです。一番最初に聞かれることはあなた自身が誰であるか。原則、被保険者が保険事故発生を連絡しますが、本人が入院中である …

no image

自分が入っている保険がわからない人

独身の女性から相談を受けたことがあります、とある保険営業員の人。内容は、月に1万6000円も保険料を払っている。高いから今の保険はやめたい。でも、あと1年続けたら契約して3年経つから、お祝い金が15万 …