雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

保険

生命保険アフラックの評価はかなり高いが

投稿日:

アフラックは今や、個人保険の契約件数で日本生命を抜いて業界のトップにある会社です。旧来の大手生保が、死亡保障を中心にした商品構成で対応できなかったお客様のニーズに応えてきたからこそ、今日があるはずです。保険料が上がることはありませんと訴えた商品がヒットした後、味をしめて今度は保険料が半額になりますと案内してみたら、それも好評だったということなのかもしれません。

定年までに保険料を払ってしまいたいというお客様のニーズに応えたサービスの何が悪い?というのが、アフラックの言い分かもしれません。ただ、60歳から、保障はそのままで保険料がゼロになりますというコピーは、悪い冗談かという域に達します。買い物をして、支払いをカードで1回払いにしたら、このお買い物の2回目からの引き落としはゼロになりますと言われているようなものです、とある専門家は言う。実際、一生涯、保険料を払い続ける商品の場合、長生きする人が負担する保険料の総額は、高くなる一方です。

保険の仕組みを明らかにしてほしいというニーズ

しかし、60歳までに、60歳以降の残りの人生の分も保険料を前もっていただいておく仕組みです。保険の仕組みを明らかにしてほしいというニーズなどは、最初からないものとされているのでしょうか?お客様のその残りの人生は約%年あるものと想定しています。つまり、50年分の保険料を前倒しで払ってもらうことになっていますと伝えなくていいのでしょうか?

前倒しで保険料を払うだけの仕組みだろう?なめたこと言ってるんじやない!といったお客様からの苦情が殺到するようなことはなかったのでしょう。だったらアフラックとしてはこの際、もっと大胆に言い切ろうか?半額の後はゼロで行こう。事実なんだしと、そういうことなのかもしれません。美味しい話などどこにもないこんなやり方がいつまで続くのでしょうか。アフラックには、案内の仕方を変えろよ!きちんとお客様の保険に対する理解が深まるような情報提供をしろよ!と声を大にしたいと思います、とある専門家は語っています。

-保険

執筆者:

関連記事

no image

退職給与(役員死亡退職金)とその原資は切り離して考えるベき

退職給与(役員死亡退職金)とその原資は切り離して考えるベき、とされています。そこで、生命保険の設計にあたっては、勇退退職金の支給額を仮設定し、その金額と解約返戻金を同じにする方法がありますが、現実には …

no image

定期付き終身保険とは終身保険に定期保険をセットしたもの

定期(保険)付終身保険とは、終身保険に定期保険をセットしたもので、保険期間の途中で亡くなった場合には、終身保険の保険金の五倍あるいは十倍、十五倍というように高倍率の死亡保険金が支払われます。永続的な高 …

no image

保険会社の経営方針の見直しを当面で終わらせてはいけません

不払い問題が沈静化した後、従来の販売手法が、少し目先を変えただけで再び通用するようになってしまっては、悪い歴史を繰り返すだけです。お客様は、今こそ賢くなるべきなのです。保険会社も、さすがに契約高の減少 …

no image

年金の受取り方には種類がいくつかある

年金をどういう形で毎年受け取ることにするかは、老後生活に大きな影響のある、たいへん重要なポイントですので、以下、その点について説明します。 年金をその受取方から分けてみると、数種類あります。年金の受取 …

no image

あなたは生命保険額をちゃんと把握していますか?

生命保険の設計書を見て、あなたが支払う保険料の欄を見つけましょう。 例えば、28歳で契約して月々の保険料が1万4664円だったとしましょう。ここにも問題があります。設計書では保険商品名の下に更新型と明 …