雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

清潔感のない人に素敵は存在しない-サイズが合わない服は選ぶな

投稿日:

身体に服を合わせるのもひとつの手、サイズが合わない服はあきらめなさい、と専門家はいいます。でも、専門家だって、実はデザインに惹かれ、微妙にサイズが合わないのに購入するという失敗を、何度か経験しているものです。

お店で見で気に入ったGジャンもそう。試着してみると、丈が長くてバランスが悪く見えてしまいました。でも、インポートもので残りはこの一着だけ、しかも特別に気に入ったデザイン。どうしでも手放せなくなってしまって。そんなときは、即お直しです。

コーディネート力を上げたいのなら、まずはジャストサイズの服を選ぶことが大切です。想像してみてください。裾が長いパンツ、袖が短いジャケット、かかとに余りがあるミュール、そういうものを身につけている人に清潔感は生まれるでしょうか?それが洗濯したばかりの洋服だったとしでも、サイズが合わない服から清潔感、は生まれません。

清潔感のない人に素敵は存在しないはず

彼女のコーディネートは、ひとことで言うと清潔感、そのものでした。もちろん、洋服にシミやほこりがついていないということは大前提ですが、ここで言う、清潔感、と、着ているものすべてが身体に合っているということです。そして、清潔感のない人に、素敵は存在しないはずです。

でも、ひとめ惚れするようなデザインの服を見つけてしまったら、多少サイズが違うだけでは、あきらめられない。そんなこともありますよね。デザインや素材、縫製が完璧でも、サイズが合わないと、着心地はイマイチ。当然、その洋服の登場回数も少なくなっていきます。ショーウィンドーに映る自分を見るたびに、自信がなくなり、すぐ家に帰りたい気分になってしまうもの。

特に、インポートものだと、日本人の体型に合わないことがよくあります。購入時に、パンツの丈や、ジャケットの袖丈を直すのは当然ですよね。そのうえで、その他の部分の微妙なサイズ違いも直すといいでしょう。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

アール・ドゥ・ヴィーヴル-人生をエンジョイすると幸せに美しくなる

最近の経済調査によると、パリのマダムたちの洋服に対する支出の割合が、ここ一〇年で着実に減少傾向にある。一方、支出が増えているのは住にまつわるインテリアや食器類、それに食材。そして、旅行。どれもこれも生 …

no image

ストラップレスドレスを買った

披露宴が始まって一時間ほど経った頃、助骨のあたりに、まるで誰かに万力でじわじわと締め上げられているような圧迫感を感じ始めた。踊ることも座ることもできず、食事もほとんどできずじまい(プライム・リブをほん …

no image

スーツのパンツの丈直しは正しく行い着こなそう

・正しいパンツ丈でスーツを着こなす たいていの場合、私は自分で裾上げをします。たぶん買ったらすぐにはいてみたいからでしょう。ごくふつうには購入時、採寸をして店のほうで龍上げをしてくれます。ただし多少の …

no image

パーティードレスの黒は派手で喪服の黒は地味

黒やべージュで揃えているけれど、その中に素敵!と目で追うようなコーディネートをしている人は、ほんの一握り。ほとんどはその他大勢の枠から出ていないのが、悲しい現実です。女性ファッション誌を見ると、べージ …

no image

ファッションはやや近代的な発明と言える

もっと服が欲しい、最新のトレンドを追いかけたいという現代の渇望に、カッコよく見えるという付加価値がつき、私たちの自尊心、健康、環境、財政状況、モラルは危機を迎えている。なのに、私たちはますます奪欲にな …