雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

生活指導、栄養指導、心理指導という何とか指導という言葉

投稿日:2015年2月13日 更新日:

生活指導、栄養指導、心理指導という何とか指導という言葉が嫌いですという医師もいるようです。お稽古ごとや何かを修得させるために、指導や指導者という言葉を使うのならまだしも、それを医療レベルに持ち込んで、患者指導などというのは、まったくひどい言葉であると感じているようです。

アメリカの患者さんの人権宣言以来、患者さんの権利やインフォームドコンセント(説明と同意、説明と合意などと訳されています)などの重要性が、叫ばれています。一方、いまだに生活指導、栄養指導、心理指導などの用語も病院内で使われていますし、古い病院のある一室の看板として、かかっているところが多いようです。

問題なのは、医者患者関係においての指導という用語の使い方についてです。第一、指導という言葉を使う時点で、指導する側とされる側の上下関係ができてしまっています。専門知識の提供であるなら、〜教室や〜相談という名称にした方が、実体もはっきりするように思っているようです。やはり上限関係ができてしまったり、実態がよく見えないようでは、あまりいいこととはいいにくい面も感じます

たいしたことのない知識を振りかざして

指導するぞ!とか指導してやる!っていう奴ほど、たいしたことのない知識を振りかざして、威張りたがることが多いような気がしてならないともいいます。医者や看護婦がそんなにエラそうに、大所高所に構えなくても、いいじゃないかと思っているようです。こういった意見については、私自身も思うところはあります。医者や看護婦がエラそうに、大所高所に構えるというのは、あまりいい気はしないというのは本当のところなのではないかと思います。

医療機関すなわち病院が真剣に患者さんの人権宣言やインフォームドコンセントについて取り組む気があるならば、まず部屋の看板としての患者指導室などというのを撤廃すべきでしょうと考えている医師もいるようです。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

退職後すぐにがんが発見される人のつらさ

男性は退職後まもなくがんが発見されることが多い。退職して時間に余裕ができてから来院し、その時にやっと、がんが発見されるためである。 在職中は忙しくて、多少の症状では来院しないが、退職して時間に余裕がで …

no image

医学部面接試験の真実-我が校にとって都合のいい医者

一昔前に比べれば、面接のやり方が変わり、一見、改善されたように見えるが、実際には大きな変革にはなっていない。東大医学部に至っては、ようやく近年、面接を取り入れたそれを大きな改革だと思っているところが時 …

no image

インフルエンザウイルス増殖の過程

最初に認識されるウイルスの成分は、インフルエンザの場合、ウイルスの遺伝子であるRNAで、トール様受容体7(TLR7)によって認識されます。 インフルエンザウイルスは、増殖の過程でRNAからRNAを作ら …

no image

医学部への受験勉強

私が、夢を持ち、医学部に入ろうと思い、勉強する気になったのは、実は、高校二年生の初めに、とある映画を観たからだ、と、ある医師は語る。その映画は、屈折した若者の心理を描く青春映画だった。私も、そういう屈 …

no image

タトゥー除去のイセアクリニックの口コミや評判

東京イセアクリニックは、東京都内に5院を展開する人気美容外科。中でも刺青除去の治療を行っているのが、渋谷院、新宿院、銀座院の3ヶ所です。 東京イセアクリニックは、タトゥー除去において高度な技術があると …