雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

製氷皿を使ってすっきり整理する方法

投稿日:

・製氷皿を使ってすっきり整理

一定の期間を過ぎたら、もう使わないものと思って捨てたほうが賢明。納豆のからしや醤油など、使わないのについとっておきたくなるのが調味料の袋。しかし、やみくもにとっておいてもムダなだけだそれでも、ヨーグルトについてくる砂糖を、料理用に使ったり飲み物に入れたりと、ちゃんと活用している人だって、なかにはいるだろう。そんな場合は、ドアポケットに適当に入れておいたりせず、ちょっと大きめで深さのある製氷皿に種類別に分けて入れておくと、見つけやすい。保管場所はドアポケットではなく、冷蔵室で。こうしておくと、トレーごと引き出せるので使いたいときに欲しいものがサッと取り出せる。また、古い順に並べておけば、古くなったものを捨てるときにもすぐにわかる。

同じものを買ってダブらせないためのワザ

ひと目見て、どこに何が入っているかわかるように工夫することが大切。乾物やストック食品と同じように、調味料も、気づかないうちに同じものを買っていたり、一度しか使っていないものがいつまでも残っていたりする。形のそろった透明な瓶や容器に移し替えればいいだろう。さらに、一つ一つに自分の目から見やすい位置にラベルシールを貼り、取り出さなくても中身がわかるようにする。これだけでも、調理作業の能率は上がるし、見るたびに残量のチェックをすることができるので、まだあるのに買ってきてしまうこともなくなるはずだ。

かさばる密閉容器を使わない保存法

フリージング用のチャック付きのポリ袋に入れて平らにならしておくと、きれいに並べられるので、見やすくて整頓しやすい。みじん切りに札たネギや、ショウガのせん切りなどの薬味は、まとめて切って冷凍保存しておくと、少しだけ使いたいときにも重宝する。ただし、残りが少なくなってきたら、平たいままにしておくよりは、端からくるくる巻いて立てておくほうがいい。そして、たとえばドアポケットの端のほうとか、いちばん手前など、保管する場所を決めておけば、庫内で迷子になってしまうこともない。こうして、フリージング用の袋をうまく活用することによって、冷凍庫内で案外かさばって残量もわかりにくい密閉容器を、処分してしまうことも考えよう。

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

電気の修理は近くの電気工事店や住宅電気工事センターに相談する

電気の修理は、近くの電気工事店や住宅電気工事センターに相談しましょう。家庭でできる、ごくわずかなメンテナンスだけで、意外と簡単です。電気の修理には電気工事士の資格が必要です。アースの取りつけやコンセン …

no image

歯磨きや歯ブラシ類の収納方法

・歯磨き、歯ブラシ類のしまい方 出しっばなしにしていると、生活感が漂って、見た目によくない。洗面台には、よく歯ブラシや練り歯磨きを入れておくポケットがついているが、家族が多かったり、電動歯ブラシなどの …

no image

キャスターをつける方法

キャスターをつける方法について紹介していきます。 一般的なキャスターには、形から分けてタイヤ形と球形の2種類があり、最近はキャスターにも、色、形などのデザインや材質面で考えられた商品もあります。キャス …

no image

不用品の処分候補は1年以上使ってないもの

・一年以上使ってないなら不用品と考えよう 処分する候補の一番手は、箱に入ったまま、一年以上も手つかずになっているもの。結婚式の引き出物や景品でもらったマグカップ、百円ショップでつい買った器など、いつの …

no image

DIYで使う塗料でおすすめは?種類は?塗り方は?木やアンティークに使おう

DIYでよく使う塗料。DIYで使う塗料には油性塗料と水性塗料、ラッカー系塗料の3種類があります。これは、何によって薄められるかで分けられており、薄め液はそれぞれに「ラッカー薄め液」「ペイント薄め液」が …