雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

心理学

自分が正義正論を言って一人よい子になっている

投稿日:

小さな狂いのある自己愛パーソナリティ障害の持ち主は、次のような人々だ。第一に、人との共感性がない。つまり、人がどのように感じているか、どんなふう悲しんでいるか、苦労しているかなどを共感して体験する能力に欠けている。人に待たされると怒るくせに、自分は人を待たせても平気でいる。

本人自身が孤独という自覚がなくて、何でも自分の都合のよいように解釈しているので、独断にみちた主観の中で、誰ともうまくやっているつもりで暮らしている。しかし、客観的に見ると、誰とも心の触れ合いを欠いた、とても孤独な存在である。パーソナリティの小さな狂いを持っている。

S君は、自分はいつも遅れてきて平気でもっともらしい発言をする。みんなが会議の進行で迷惑していることなど歯牙にもかけない。周りに対するそのような共感性が欠けていて、そこでどんなにいい格好でパフォーマンスできるかで心がいっばいになってしまう。T部長の言うことと実態の矛盾でどんなに周りが苦労しているか、などということをT部長はまったく気づいていない。

いつも自分が特別扱いされるのが当然

いつも自分が特別扱いされるのが当然と思い込んでいる。自分がほかの人から世話になったり、特別に扱われたりしても、それに対して本当の意味で感謝することない。B部長は、C子さんがあってこそ社会生活が成り立っているに、C子さんに対する感謝の気持ちなどほとんどない。むしろ見下して、「まあ、ようがない人ね」と言って絶えず文句を言ったり、小言を言ったりしている。

自分が正義正論を言って、一人よい子になっている。そして、「それを守れないのは、みんなに能力がないためなのよ。あなた方は、しっかりしない困った部下たちなの」という高飛車な態度をとっている。

S君も、みんなが何とか我慢しているからこそチームの中にいるのだが、俺がいてやるからみんなも何とか成り立つんだとしか思わない。そこには感謝とか、心の触れ合いがない。周囲の人々との共感性がまったく欠けている。

-心理学

執筆者:

関連記事

no image

チンパンジーのオスはおとなしく自分の順番を待っているが

彼はタンザニアのゴンベストリーム国立公園に住むチンパンジー。たいていのオスは、おとなしく自分の順番を待っている。ところがなかには、メスを独占したがるチンパンジーがいる。そして情熱が高まると、そういうオ …

no image

気持ちが高ぶる恋

ある研究者による実験がはじまった。被験者に愛する人と過ごしたすばらしいひとときについて「思い返して」もらったあと、ごく日常的な作業、たとえば最後に髪を洗ったときのことを思いだしてもらう。愛する人を思い …

no image

他者や自然との関係を見失ってしまう問題など

分化することと生き生きしてくることとは、少なくとも成長にとって、並行しているようにみえるけれども、生き生きと無心で何かをしているときは、逆に自己と外界の境界はなくなっているともいえるし、いわんやそれが …

no image

ある女性教師の悩み

教師としての生きがいを信じ、それに一生をかけようとがんばってきたのに、本当の自分は、教師の仕事が重荷で重荷でならなかった。「こうお話ししているうちにも、自分がどんなにか子どもだけを相手にした平和な、こ …

no image

情熱と欲望が感情的な一体感と献身

シナリオでは、恋愛が性欲を引き起こし、やがて時間とともにそうしたむき出しの情熱と欲望が感情的な一体感と献身、つまりは愛着へと落ち着いていく。しかし、恋愛感情、そして愛着は、ベつのパターンでも発生する。 …