雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

心理学

自分が正義正論を言って一人よい子になっている

投稿日:

小さな狂いのある自己愛パーソナリティ障害の持ち主は、次のような人々だ。第一に、人との共感性がない。つまり、人がどのように感じているか、どんなふう悲しんでいるか、苦労しているかなどを共感して体験する能力に欠けている。人に待たされると怒るくせに、自分は人を待たせても平気でいる。

本人自身が孤独という自覚がなくて、何でも自分の都合のよいように解釈しているので、独断にみちた主観の中で、誰ともうまくやっているつもりで暮らしている。しかし、客観的に見ると、誰とも心の触れ合いを欠いた、とても孤独な存在である。パーソナリティの小さな狂いを持っている。

S君は、自分はいつも遅れてきて平気でもっともらしい発言をする。みんなが会議の進行で迷惑していることなど歯牙にもかけない。周りに対するそのような共感性が欠けていて、そこでどんなにいい格好でパフォーマンスできるかで心がいっばいになってしまう。T部長の言うことと実態の矛盾でどんなに周りが苦労しているか、などということをT部長はまったく気づいていない。

いつも自分が特別扱いされるのが当然

いつも自分が特別扱いされるのが当然と思い込んでいる。自分がほかの人から世話になったり、特別に扱われたりしても、それに対して本当の意味で感謝することない。B部長は、C子さんがあってこそ社会生活が成り立っているに、C子さんに対する感謝の気持ちなどほとんどない。むしろ見下して、「まあ、ようがない人ね」と言って絶えず文句を言ったり、小言を言ったりしている。

自分が正義正論を言って、一人よい子になっている。そして、「それを守れないのは、みんなに能力がないためなのよ。あなた方は、しっかりしない困った部下たちなの」という高飛車な態度をとっている。

S君も、みんなが何とか我慢しているからこそチームの中にいるのだが、俺がいてやるからみんなも何とか成り立つんだとしか思わない。そこには感謝とか、心の触れ合いがない。周囲の人々との共感性がまったく欠けている。

-心理学

執筆者:

関連記事

no image

寝ても覚めても恋人のことを考えている人の脳内

新鮮で、生き生きとして、抑制のきかない、情熱的な恋心の持ち主。見つけるのはむずかしくなかった、とある研究者。イギリスの詩人ジョン・ダンの言葉にもこうあるくらいなのだから。「どんな愛も、季節にも天候にも …

no image

新しい生活を割り切った気持ちで始めるつもりだった

私はA一と妻の前で変装を解いて、A郎の姿になり、C子に助けられながら、事のしだいと私の気持をすべて打ち明けた。そしてA一も自分も同じA郎なのだから、今のA一の家庭生活や社会生活はそのまま尊重してA郎を …

no image

ヒステリー性格の演技型

どれもこれも、テレビドラマの場合だったらこのように演じるだろうと思うシナリオどおりである。彼もまたいつの間にかこの悲劇の主人公に奉仕し、彼女を命がけで救ったり、危機のときには駆けつけたりする、感動的な …

no image

離婚の原因は結婚にある

ハンサムが気に入って結婚すれば、どうしてもほかの女性にもてて、嫉妬に心を悩ませることになる。真面目な堅物と結婚すれば、今度は、あまりにも真面目過ぎて融通性もないし、情緒の通い合いも乏しくて、ちっともお …

no image

恋愛ホルモンオキシトシン

オキシトシンは、自然のいたるところで見つかるホルモン。バソプレシンと同じように、オキシトシンも視床下部、そして卵巣と精巣で生産される。しかしバソプレシンとはちがって、オキシトシンは出産プロセスの最中に …