雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

正義のための戦争の典型

投稿日:

絶対的な平和主義者と、多くの人に憎まれているかは滞りなく虐殺されるべきだと考えるよう次々を除けば、アフガニスタンへの爆撃は間違いなく正義の戦争だとほとんどの人が認める。高名な政治哲学者のジーン・べスキ・エルシュタインは、一般に受け入れられている考え方をきわめて正確に要約してこう書いている。正義の戦争という理論が復活した背景には、人道的介入の新時代と国際テロがある。最も顕著な例はアフガニスタンへの爆撃であり、西洋のコンセンサスによると、これは正義の戦争の典型である。

アフガニスタンの政権交代という目的のためにアメリカが兵桂を急派した時、反対者はアメリカの力の行使に反射的に反対する人々にほとんど限られ怖気づいた支持者か孤立主義者、左派思想の者、そしてクリストファー・ヒッチンズの表現によると子供のペッドに毒蛇がいるのを見つけて、とっさに動物愛護団体に電話するような非現実的なタイプの人々だけだった。ニューヨーク・タイムズ紙のコラムニストで現編集幹部のビル・ケラーは次のように言っている。

反対勢力の構成は興味深いものだった

絶対的な平和主義者でもなく完全に狂っているのでもないのに爆撃に反対した人はいたのだろうか?確かにいた。そして、反対勢力の構成は興味深いものだった。政権交代はアフガニスタン戦争の目的ではなく、戦争終盤の後知恵だった事実はこの際無視しよう。これらは経験による発言なので、ほとんど満場一致で支持されている、とはいっても、真実かどうかを問う資格が私たちにはある。

まず、爆撃が宣言された時には、明らかに世界の大半の人々が反対していた。それは二〇〇一年九月のギャラップ国際調査からわかる。テロリストの正体が特定された場合、米国政府はそのテロリストが拠点としている国に対して軍事攻撃を開始するべきか、それとも、米国政府はテロリストの引き渡しを求めて裁判にかけるべきか?この調査の最も重要な質問はこうだった。そのような外交的手段が成功しえたかどうかは、双方の強硬派にしかわからない。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

新自由主義的グローバリゼーションというネオリべラルのプログラム

世界最大の民主主義国独立後、数世紀に及ぶイギリス支配の悪影響から回復し始めたインドでも、NATOの威信を保ち、世界を安全にしょうとするクリントンーブレアの努力は評価されなかったようだが、インド政府及び …

no image

ハヴェルも演説を聴いていた議員たちも間違いなく知っていた

レーガンと初代ブッシュによる陰惨な恐怖時代の幕開けは、彼らが就任する少し前に、エルサルヴァドルで声なき人々の声となっていた保守派の大司教が暗殺された事件に象徴された。この時代の終わりには、エルサルヴァ …

no image

判決はニカラグアによる限定された告訴以外にも及んだ

米国政府の見地からすれば、ウイルスが他国に感染する前にそれを操減するのは当然だった。人々は代わりに恐怖と抑圧という接種を受けなければならない。キューバと同様、ニカラグアはテロ攻撃を受けても、爆弾による …

no image

パウエル国務長官は政権内の中道派と見られていたが

パウエル国務長官は、政権内の中道派と見られていたが、一九八〇年代の中米でテロと残虐行為が最終段階に入って、外交が軽視されていた頃、国家安全保障問題担当補佐官を務め、また南アフリカではアパルトへイト体制 …

no image

サダムフセインをアメリカがさまざまな形で援助してきた

圧制者は一九九一年の暴動を鎮圧することを許可された。一九九〇年八月にフセインが非協力的になってからは、政策とロ実は変わったが、ある要素だけは変わらず持続した。レーガンーブッシュ一世の時代(実際にはそれ …