雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

生物知能の一般因子はすべてに適応

投稿日:

英国の心理学者チャールズ・F・スピアマンである。彼の推論は、特定の知能を測定した個別テスト相互の関連性を調べたデータにもとづいている。彼は一九〇四年に客観的に計測および決定可能な一般知能と題する、今や古典となった論文を発表した。その中で彼は、知能には、個人の行動全般にわたって適応される一般因子、が存在すると述べている。

たとえばひとりの人間が一〇通りほどのテストを受けたとする。それぞれのテストで、個別の、独立した知的能力を測定する場合、ある個人がひとつのテストで得た結果は、他の結果とは関連をもたない。つまり、数学で良い点がとれても、言語では良くないといったことがありうる。神経学と医学の分野でノーベル賞を受賞した博士。彼の専門は目からの視覚情報を伝達する神経系統の働きについてである。彼は優れた研究者で、脳と神経組織に関する生理学の専門家であり、神経活動の電気的・化学的測定については最高の権威といえる。

権威ある意見を述べられると期待している

ノーベル賞を受賞してから(たいていの人が受賞すなわち確実に頭のいい証拠と考える)、彼は突然、誰も彼もが、自分をありとあらゆる分野の権威とみなすようになったのに気づいた。文学、音楽、子どもの教育問題、環境問題、大西洋の魚群の保護、世界の政治問題や宗教戦争の解決策、となんでも聞かれました。ノーベル賞の受賞者は最高に頭がいい。だから、なんについても知的な解決策と見識をもっているにちがいないと思われるようです。

みんな私がそうした問題にただちに答えを出し、権威ある意見を述べられると期待しているのです。まあ、少なくとも歌ったり踊ったりまでは期待されないようですがね。彼はワインをすすり、にやっとしてこうつけ加えた。どのテストでも共通して発揮される知能の側面、あるいは知的技能の組み合わせというものがあると仮定してみよう。このような知能の一般因子はすべてに適応し、ある人がひとつのテストで良い結果を得れば、他のすべてのテストでも同様に良い点をとることがありうるだろう。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

犬の吠え声-猟師たちは意図的に声の調和がいい犬を選ぶ

集団になった犬の吠え声はきわめて音楽的で、猟師たちが意図的に声の調和がいい猟犬を選ぶことがある。たとえば、一六一五年にジャーヴァス・マーカムは、声質の異なる猟犬の組み合わせ方を紹介している。美しい合唱 …

no image

犬の行動に顕著な差は存在するのか?

犬の行動に、本当に顕著な差があるといえるだろうか。意味を明確にするために、次にその解釈の手引となるものを書いておきたい。単純な順位づけだけではさまざまな犬種の行動を充分に推測することはできない。 ・作 …

no image

ハムスターの夜の活発な行動

・ハムは主に夜活動 人と暮らすようになっても、ハムの習性は昔のまま。だから、昼間はずっと眠っている。ハムスターは完全な夜行性の動物です。これは野生生活をしていた先祖様から受け継いだ習性。ハムは主に夜活 …

no image

犬の様々な病気のサイン

犬はよく吐くので元気で異常がなければ心配ないが、繰り返し吐く場合は要注意。胃内異物、胃腸疾患、感染症の初期、中毒などが疑われる。吐いたものを持って病院へ行きましょう。 食べ過ぎや消化不良をはじめ、食中 …

no image

犬に対する指示語には多くのものがある

犬に対する、色々な命令語を紹介していきます。 ・外へ(アウト) 部屋ないし犬舎から出る。 ・守れ 私と近くにいる人間のあいだに立ち、おどすように映える。 ・よし 訓練が終了し、命令がすべて終わったこと …