雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

生物兵器や化学兵器をフセインが使用してしまう可能性

投稿日:

国際的な軍事情報を扱う主要雑誌と同盟国の情報機関も同じ結論に達しており、アメリカが攻撃すれば反米及び反西洋感情を世界中に広めることになり、イラクを攻撃することはイスラム教徒のテロを減少させるよりも、かえって激化させるという更なる見解があった。FBIもまたイラクとの戦争は新たな国内テロの危険を誘発しうるとの懸念を報告し、国土安全保障省長官も同様の見解を述べた。

フセインが通常兵器によるテロ活動を始めることも、彼が保持するとされる生物または化学兵器を使用する可能性もほとんどないが、アメリカが攻撃すればその確率はかなり高くなるという報告である。ハバナへ向かう道中、間違いなく、ジョージ・テネットCIA長官から上院情報委員会委員長ボブ・グレアムに宛てた手紙を読んでいたのだろう。イラク戦争は燃料危機を引き起こしかねず、新たなテロの脅威を生む、とヨーロッパの安全保障及び警察関係者は各国政難に警告していた。

アメリカに侵略されれば

それは新たな若者を更に激しい反米主義の立場へ追いやるだろう、と。米国内で、大量破壊兵器を使用することかもしれない。アメリカに侵略されればフセインが最強かつ最後の一矢を放つのを手控える理由はなくなるだろう。つまり、既に張り巡らされているネットワークを利用することである。その確率は低いかしれないと、べッツは述べた。専門家の主流は、史上最強の軍隊が無防備な敵を攻撃すれば、復讐または抑止を求める声が高まる、という考えに同意する。

米国民を始め標的になりそうな人々の安全と安全保障に幾らかでも関心がある人なら、初論その確率を無視しうるとして片付けはしないだろう。このように、アメリカの政策は核保有国内における核兵器の垂直方向の拡散を助長し、一国から他国への広まりも促進する。アメリカの冒険主義の標的となりうる相手は、アメリカを寄せつけないようにするには主として大量破壊兵器によって抑止する他ないと知っている(ケネス・ウォルツ)。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

プロパガンダ成功から進歩的民主主義の理論家が生まれた

現代の思想統制のシステムーかつては率直にプロパガンダと呼ばれたが、この言葉は全体主義を連想させるため使われなくなったのは、自由社会の多くにその起源を見出せはずだ。世論の操作が政府の基盤だという認識は、 …

no image

サダムフセインの意図が明白に示される時

サダム・フセインの意図が次に明白に示される時は、きのこ雲の形をとっているかもしれない。それもニューヨークの上空辺りで。二〇〇二年九月に予防戦争という新しい規範を示すべき時期が近づくと、国家安全保障問題 …

no image

イラクを攻撃した後イラクの囚人が同様の扱いを受けていた

イラクを征服した後には、イラクの囚人が同様の扱いを受けていたことを示す証拠がすぐさま明るみに。司法省の査察官ですら痛烈な報告書を提出して非難したが、本省は無視した。 キューバの中で今もアメリカの占領下 …

no image

アメリカ人の生活を更に管理するために

アメリカ人の生活を更に管理するために、この政権が弾れない公民権は何も、市民権という貴重な権利すらないと、パルキンは結論している。 ブッシュ大統領は、友人トニー・ブレアからの贈り物であるウィンストン・チ …

no image

戦争中のプロパガンダを助長させた違い

一九四〇年代末、トルーマンはオールド・ジョーを、好んだ人物だが、思い通りのことができない共産党政治局の囚われ人と見ていた。白人の方には下品な演名ではなく名前があった。これは通常の人種主義からくるのかも …