雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

心理学

性的な独占欲がいちばん興味深い

投稿日:

性的な独占欲があるからこそ、祖先たちの貴重なDNAが守られ、愛するだれかのために時間とエネルギーのほとんどを費やすことができた。ところが、性的に誠実であってほしいという衝動とともに、もうひとつ、こちらはそれほど魅力的とはいえない恋愛の特徴がある。シェークスピアが、「緑の目をした怪物」と表現した嫉妬心だ。

アラビア伝説のなかでは、ライラは愛するマジュヌーンではなくほかの男性と婚約するのだが、やはり彼女も新婚初夜の床を拒んでいる。恋愛のあらゆる特徴のなかで、この性的な独占欲がいちばん興味深い。おそらくこの欲求が進化した理由はふたつあったのだろう。

ひとつは、男の祖先がを寝取られ、ほかの男の子どもを育てるはめに陥らないため。そしてもうひとつは、女の祖先にとって、夫となり、自分の子どもの父親となる男をライバルに取られないため。

密接な絆を育めるのは

嫉妬が愛を育てる宮廷恋愛のルールを説いた著書のなかで、カペルラーヌスはこう書いている。「嫉妬を感じない者には、愛する能力がない」彼は嫉妬を「愛の乳母」とよんだ。嫉妬には恋の炎を育む役割があると考えていたのだ。

約三OOO年前に書かれた中国の賢書のなかにもこんな警告がある。密接な絆を育めるのは、ふたりの人間のあいだにかぎられる。三人になれば、嫉妬が生じてしまう。性的なつながりより心のつながりただし性交渉と貞節を求める気持ちは、愛する人間と感情的に結ばれたいという気持ちほど重要ではない。

洞察力の鋭いこの聖職者の意見は正しかった。人類学者がさまざまな社会で恋愛について調査してみたところ、男女ともにー非常にー嫉妬深いという結果が出ているのだった。男も女も恋に落ちると、相手に「大好き」といってもらったり、花などのプレゼントを贈られたり、野球や劇場に連れていってもらったり、笑みを向けられたり、きしめられたり、ひたすら自分だけを見つめてもらったりするのを好むものだった。

-心理学

執筆者:

関連記事

no image

臓操病は戦争という恐怖からの逃避現象

日本陸軍の臓操病は、かつての古典的なヒステリー、無意識の演技による、戦争という恐怖からの逃避現象だったのだが、興味深いことに、第一次世界大戦のときには、米国の陸軍にも日本陸軍と同じようなヒステリー型が …

no image

ライオンの求愛行動

求愛中のオスのライオンは、ごくわずかの餌しか手に入らないときも、それを愛するメスに差しだす。ジョージ・シャーラーが感動的な例を報告している。メスに求愛中のオスが、水たまりの近くで一頭のガゼルを見つけた …

no image

交配相手の横取

文化圏にたいしておこなわれた調査から、交配相手の横取りが世界各地で頻繁におこなわれていることがわかっている。だからこそ、ムジルリツグミと同じように、わたしたち人間も独占欲が強いのだ。心変わりをした恋人 …

no image

こういうときにはこういうふうに振る舞うべきなんだ

小さいときからかなり厳しいしつけを受けている。一つ一つ親の言うことに従って、厳しい決まりの中で彼女は育てられた。彼女がまず身につけたのは、このときはこうすべきだ、あのときはこうすべきだという決まりに従 …

no image

創造的欲求は文明公害時代に無条件に肯定することはできない

一般に本性とみられている働く衝動、創造的欲求等々すら、この文明公害時代に、無条件に肯定することはできなくなっています。「富をうるために働くんだ」はもちろん、「働きたいから働くんだ」という気持も、批判の …