雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

聖ロクスの物語-かたわらで番をした忠実な犬

投稿日:

聖ロクスの物語。彼は疫病で倒れたとき、パンを運び、かたわらで番をした忠実な犬に命を救われている。それほど知られていないが、かなり時代が新しいのは、聖ジョン・ボスコの物語で、彼は二〇世紀に手が届く時代に生き、一八八八年に死んだ。活動を続けるために、彼はサレジオ修道会を創設した。ボスコは一生のあいだ身寄りのない子どもたちの保護と養育に力をつくした。その中で活躍し続けた犬が、大きくてもっさりした灰色の雑種犬グリジオだった。グリジオはどこからともなく姿を現して、ドン・ジョンの護衛を引き受けた。

グリジオの血統も親も生まれた場所も、ドン・ジョン(ボスコ)と呼ばれる男がまわりに集めた犬勢のみなしご同様、わからなかった。ある日ジョンはトリノのヴァドッコ周辺の狭い裏道を歩いていた。彼が初めて養護施設を開いた場所の近くである。そのとき突然ものかげから強盗が飛び出し、聖者を捕まえて金を要求した。

彼がなにも持っていないと告げると

彼がなにも持っていないと告げると、賊は凶暴になり、ナイフを振り回して、すぐに金をよこさなければ殺してやるとジョンをおどした。ドン・ジョンはお金が手に入ればすぐに孤児たちのために使っていたから、まったく持ち合わせがなかった。そこへ不意にグリジオが現れた。うなりながら犬はジョンと悪漢のあいだに割って入った。獰猛な灰色の固まりが、強盗に体当たりして彼を倒し、ジョンから引き離した。

賊は退散したほうがよさそうだと見てとると、あわてて走り去ってしまった。このとき以来、彼はジョンの身に危険が迫るときは、必ず近くにいた。この最初の出合いをきっかけに、グリジオはドン・ジョンを主人ときめた。何度もグリジオはジョンを攻撃の手から守り、いつも聖者と脅迫者のあいだに割り込んだ。危ないことはしじゅう起こった。グリジオは必要なときには必ず現れて、充分に安全をたしかめてから何日も姿を消すのだった。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

犬の科学的なトレーニング方法

犬の科学的なトレーニング方法について紹介しましょう。犬の科学的なトレーニング方法に、ファントレーニングという犬のトレーニング法があるようです。 犬に怖い思いをさせるような体罰は一切使わないトレーニング …

no image

嗅覚獣猟犬の種類は匂いに敏感

ビーグル、ブラッドハウンド、パセット・ハウンドなどの嗅覚獣猟犬(セント・ハウンド)は、視覚的な刺激にはあまり反応しないが、匂いには敏感である。とくに家畜、野生動物、ほかの大の匂いには気をとられやすい。 …

no image

犬で自信がない場合の特徴

自信に欠けている犬の場合、励ましと報償をたっぷり与えながら優しく訓練してやる必要がある。主人の言葉をすべて理解し、自分を投げ打っても主人を喜ばせようとするだろう。自信をもたせ、家以外でもうまく機能させ …

no image

ペットフードの過去の消費動向

ペットフードの過去の消費動向として、次のようなことが言えました。 ・その他のペットフード:鳥用フード、観賞魚用フードは増加しているが、過去数年間増加傾向の続いていたウサギ、ハムスターなどの小動物用フー …

no image

聖パトリックの一生は犬と縁が深い

聖女マルガレーテを描いた絵には、昔からきまって彼女のスカートの端をくわえる犬や、鎖につながれて彼女のかたわらにいる犬が描かれている。また、犬が聖者や賢者の徳の高さを敏感に察知する例も記されている。のち …