雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

ダイナミックなビジネスセダンニューアウディA6を正式発表

投稿日:

アウディは、ダイナミックなビジネスセダン「ニューアウディA6」を、正式発表しました。新しくお目見え7世代モデルニューA6は、軽量ボディ、ダイナミックなシャーシ、運転支援システム、マルチメディアシステムなどの技術分野での発展的な姿を提示した。スチールとアルミの調和したアルミハイブリッド素材を使用して車体重量を80kg減らすなど、以前のモデルに比べて最大135kgまで減らした。

デザインは全長4915mm、全幅1874mm、全高1455mmで、以前のモデルに比べて全幅は19mm増え、全高は4mm低くよりダイナミックな割合を提供する。特にホイールベースが69mm増え室内空間がはるかに広くなった。新型モデルには、性能と燃費の両方が強化された2000ccと3000cc TFSIガソリンエンジンと3000cc TDIディーゼルなどの3つのエンジンが搭載された。

出力とトルクは以前のモデルに比べて24%

新型2.0 TFSIガソリン直噴エンジンは、最高出力211馬力、最大トルク35.7kg.m、ジェロベク(0 => 100km / h)7.6秒、国内公認燃費13.8km /リットル、最高速度210km / h(安全速度制限)の性能を提供する。8段マルチトロニック無段変速機が搭載された2.0 TFSIの出力とトルクは、以前のモデルに比べて24%、燃費は28%向上した。スーパーチャージャー技術が適用された3.0 TFSIガソリン直噴エンジンを搭載した「3.0 TFSIクワトロ」は、最高出力310馬力、最大トルク44.9kg.m、ジェロベク5.8秒の性能を誇る。国内公認燃費は9.5km /リットル、最高速度は210km / hである。

出力とトルクは、以前のモデルよりもそれぞれ10馬力、2kg.mが増えたのに対し、燃費は16%向上した。また、8段ティプトロニックオートマチックトランスミッションが適用された。「3.0 TDIクワトロ」は、7段S-トロニックデュアルクラッチトランスミッションと3.0 TDIディーゼル直噴エンジンが適用され、最高出力245馬力、最大トルク51.0kg.m、ジェロベク6.1秒、最高速度250km / hの性能を発揮する。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

ニュートラルステアなどの特性

前輪と後輪が同じように横すべりすると、車に対する旋回中心の位置は変わりますが旋回半径は低速のときと変わらないことになります。このような、ハンドリング特性をニュートラル・ステア(NS)といいます。実際に …

no image

自分のクルマを自分で選べない今の日本人

自分のクルマは自分の責任で買うのは当たり前だと思うのですが、なぜできないのでしょうか。クルマに限りませんが、それは日本人の生活用具に関する勉強不足に原因があると思います。日本人は昔とは違います。幼児の …

no image

ツーリングワゴン-トヨタやスバルなどの性能はどうなの?

レガシィは、雨の日にはがキャビンに入り込んでくることがあるといいます。開けた状態ではガラスの端が見にくく、視力の弱い高齢者には危険があります。狭い駐車場での乗り降り時にドアを隣のクルマにぶつけやすくな …

no image

自動車は試乗しないと分からないことが多い

一般ドライバーがちょっと走ってみただけでクルマの調子を判断することは難しい。新車の印象を知らないのだから、それがいいか悪いかもわからないことが多い。最近の国産新車はとれも品質性能ともによくなり、カタロ …

no image

ロール・ステアによる特性の変更

ロール・ステアによる特性の変更は、自動車メーカーでないと対応できませんが、その原理は次のようになります。旋回すると車は傾いて外側の車輪はバンプ(沈み込み)し、内輪はリバウンド)しますが、この車輪のスト …