雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

セーターの収納をアップする術

投稿日:

・セーターの収納力をアップするテク

もし収納スペースに限りがあるのなら、収納力をアップさせる方法を探してみることだ。捨てる、処分するというのは、最終的にモノがあふれたからやむを得ずという人が多い。そこで、セーターやトレーナー類の収納を工夫してみよう。まず、どれも厚さに応じて一つ折りか四つにたたむかして、大きさをそろえてたたむ。たたんで輪になった部分が交互に重なるよう引き出しに収めると、それまでよりたくさんしまうことができる。それでもなお入りきらないというのなら、それはあきらめて捨てるしかないだろう。

ブックエンドを上手に利用する

役に立つのは、文房具店で手に入るスチール製のブックエンド。収納力アップで捨てる品を少なくするテクは、タンスの引き出しだけでなく、シーズンオフの衣類を引き出し式透明ケースなどにしまうときにも使いたい。セーター類は丸めて立てて収納するとたくさん入るのだが、その仕切りに使うのだ。一度に取り出さず、まず薄手のカーディガンを1枚だけ出す。そろそろ手編みのセーターをなどと順番に出していくときも、一目でわかって取り出しやすく、そのあとが崩れる心配もない。

シワになって死蔵させないためのワザ

シワ防止には、折り目にパンツやスカートの大きさに合わせて3分の1くらいにたたんだタオルを挟んでおくとよい。パンツやスカートをたたんで引き出しにしまって、着ようと思って出してみるとシワだらけというのはよくあること。そのため結局は着ないまま、またしまい込み、死蔵品の山を築くだけ。ただ、タオルを挟んだ分だけ引き出しのスペースがとられることになり、しまえるパンツやスカートの数は、それまでより少なくなる。収納力は落ちるものの、それだけ手間をかけてたたむ価値のあるものを残して、入らない分を捨てるということにしたらどうだろうか。

ワイシャツをムダなくしまうコツ

くたびれて汚れの落ちない古いシャツは思いきって捨てよう。専用の収納グッズを置けるほどのスペースに恵まれない家庭では、ワイシャツはたいてい引き出しにしまわれる。すると襟の高さの分がムダな空間として残り、入る数にも限りが出る。残ったワイシャツを引き出しにしまうときは、襟の部分を引き出しの奥と手前で交互になるよう重ねて入れると、倍近い枚数を収納することができる。

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

子ども部屋の家具はいっペんに揃えないほうがいい理由

・子ども部屋の家具はいっペんに揃えない 子どもはどんどん成長するし、好みもどんなふうに変化するかわからない。子ども部屋を用意するとなると、タンス、本棚、机といっペんにあれこれ揃えたくなるものだが、遊び …

no image

パッチワークの材料にする

簡単な丈詰め、幅直し程度のリフォームですむなら、新しいモノを買うより、よっばど経済的です。リフォームするかどうかは、衣類を有効利用するか、費用ぶんの出費をおさえるか、のふたつを天科にかけて、判断しまし …

no image

バッグを捨てるタイミング

調理器具の寿命を判断するのは難しいものです。わたしも、最近まな板の上でたくあんを切ると、つながるようになってしまったのですが、なかなか新しいまな板に切り替えることができません。「こんど削ればまだ使える …

no image

風呂の蓋を固定する収納方法

・倒れやすい風呂のふたの固定法 クルクル丸めて立てておいても、バランスが悪く、何かの拍子にバタンと倒れてきたりしてびっくりすることも。入浴中にじゃまになるのが浴槽のフタ。そうならないように、フタを固定 …

no image

リサイクルショップの取り引き方法など

現在のリサイクルショップの大半は、衣類、バッグ、靴、装飾品などを扱っています。リサイクルショップの取り引き方法は、ショップに品物を預け、売れたあとで売り上げを受け取る方法。この場合、売れないときには、 …