雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

コミュニケーション

セールストークの嘘

投稿日:

次にあげる実例は典型的な嘘です。逆き売と言って、空涙を流して、相手の同情を求め、物を買わせる手段です。いくつかの例があるのですが、そのうち、一番完全と思われるある泣き売の娘とのやりとりを記載します。

茶の間の窓から、偶然、風呂敷包みを提げ、髪を編んだ、あまり上等ではないスラックスをはいた娘が歩いてくるのを見かけ、泣き売だなと感づいて、急いで玄関を開けておきました。「ごめんください」案の定、呼び鈴を押さずにいきなり入ってきました。

「えーと、ちょっとあたし忙しいんですけどね。こうして紙と鉛筆を握って家のなかを歩いているんでね。何の話かわからないけど」「いえ、お願いを聞いてくださったらすぐ帰ります」ここまで彼女はまったくうつむいたまま。奥様はと言った時に、チラッと奥をのぞき込むような目をしたが、あとは両手で風呂敷包みをプラ提げて、下を向いて話しています。

「そう、じゃ言ってごらん」私は彼女から三メートルぐらい離れた玄関の板の間に、彼女のほうへ右を向けて正座してすわります。「で、叔父さんや叔母さんと会えたの」私はシビレをきらして口をきります。うまうまと敵の沈黙作戦にひっかかった格好です。何故ならこうしたセールスの場合、客から質問が出るようになれば八十パーセントは成功したからです。

嘘をつくことが目的である場合も

「いえ、どこかへ引っ越していないんです」「あんた、奪美大島って言ったね」「はい」「訛がないね」下を向いてまたしばらく黙っています。「小さい時、東京で育ったんです」「そう。そのせいでね」「はい」「そして」「もう帰ろうと思うんです。でも旦那様」最初のうちはご主人様だったのが、急に旦那様に変わりました。これが本来の調子と見えます。

「あたし、大阪までの汽車賃しか持っていないんです」「来る時は何できたの」「船です」「船でどこの港に上がったの」「(ちょっと考えて)東京港です」もう少しで吹き出しそうになります。東京ー奪美直通航路など聞いたことがありません。彼女はあごが胸に着くかと思われるほど下を向いてしまっています。嘘はつくが、ここは予定になかったらしいのです。

嘘というのは、嘘をつくことが目的である場合も、まったくないわけではありませんが、多くは目的を達成するための手段として使われます。彼女の場合も、目的は反物を売ることにあるのですが、その手段のために相手の同情をさそい、さらにそのための手段として嘘を利用しようとしているのです。

-コミュニケーション

執筆者:

関連記事

no image

緊張を物理的に和らげる方法

緊張するのを抑える方法はありません。経験、年の功、図太い性格など、まったく個人個人の持ち味にたよるほかはありません。しいていえば、自分があがっているなと自分で感ずることぐらいなものでしょう。自分を平常 …

no image

長話は相手が疲れるので二分前後に抑えよう

どんなに話の上手な人でも、人をあきさせないのは二分三十秒が限度で、三分以上も話す人はよほどズバ抜けているか、聞く人の気持ちを何とも思わないかのどちらかです。日常会話を観察していても、この人はおしゃべり …

no image

言葉の暴力をふるってしまう場合の対処法

なぜ寂しいのか。なぜ感情が渋滞しているのか。理由はきっと見つかります。そうすれば、気分もスッキリします。この繰り返しによって、もうやみくもに自分の感情を怖がることはなくなります。結局、イジワルをしたり …

no image

話す資質は先の見通し

ロクロをまわすときには手加減がいることを考えよう。「陶器をつくるとき、粘土をこねてロクロをまわしながら形を整えるが、そのときロクロに逆らわなければ形はできない。しかし、逆らいすぎると形は崩れてれまう」 …

no image

曖昧な言葉はピンぼけ写真と同じ

最近は「です」と言うかわりに、「ですけど」と言う人が増えています。キッパリした言い方を避け、甘えた言い方やソフトな言い方をして、あとは察してくれというような会話は、それ自体が曖味です。そこからは力強い …