雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ネットショップ

撮影のための照明機材など

投稿日:2015年5月28日 更新日:

撮影時の機材の種類や、選び方のポイントなど

蛍光灯などの白系なら商品の影もできにくいので初心者にはおすすめです。白熱灯なら、目にきつくない雰囲気のある写真を撮影できます。ただし、光が強すぎると商品本来の色と違う仕上がりになるので、注意が必要です。

・便利な簡易撮影キット

背景やレフ板などのセッティングをする手間もなく、スペースさえあればすぐに撮影することができます。最近では、ネットオークションなどの流行により、個人が自宅で商品撮影を行うケースも増えています。そういったニーズに応えて、簡単にきれいな写真を撮影できる簡易撮影キットが発売されています。大型商品の撮影には利用できないが、小物専門のネットショップならこうした撮影キットが1つあれば重宝するはずだ。

・レフ板

屋外での強い太陽光による影低減でき、屋内なら照明の光を分散させることもできます。プロが使うイメージが強いですが、レフ板を使うことでよりきれいな写真を撮影できます。撮影時に影になる部分を光を反射させて、影やよけいな映り込みをなくすことができます。

屋内で撮影するなら

照明が強すぎるとかえって写真の色が不自然になることもあるので、小物を撮影するときなどは大型の照明を選ばないようにしましょう。光が足りない場所では照明が必要ですが、ある程度の光がある場所での撮影ならフラッシュや照明を使わなくても撮影は十分可能です。

・三脚屋内で撮影するなら

屋外でもできるかぎり三脚を利用できる箇所から撮影するのが望ましいです。三脚を取り付けて手ぶれを防止しましょう。設置場所が小さくて済む小型の三脚もありますが、デジカメの大きさに合わせて選ぶようにします。

・背景

商品を際立たせるためのアイテムなので、派手な色の背景は控えましょう。ただし、商品コンセプトに沿って華やかなイメージを演出したい場合や、商品が非常に強い色の場合は、濃い色や柄入りの背景を使ってもいいでしょう。商品の背景として大きめの紙を使います。カメラ用品店などで専用の背景(パック紙)も販売されていますが、身近にある紙を利用してもかまいません。

ネットで稼ぎたいなら、ポイントサイトがおすすめです。私が一番稼げているのはポイントサイトは、げん玉(会員数500万人)というサイトで、ここなら毎月5万円は稼げます!

-ネットショップ

執筆者:

関連記事

no image

問題点の洗い出し方法-実際の被験者の行為をモニタリング

ウェブサイトには多種多様なユーザーがアクセスしてきますが、どんなユーザーでもウェブサイトにアクセスできることが求められます。優れたサイトでも利用できなければ意味がありません。サイトの分析は、サイトの売 …

no image

モバイルショップにはまだ未開拓の顧客がたくさん

携帯電話はすでに1人1台といってもよい普及率で、日常生活にも欠かせない道具になっています。従来は主に電話やメールの使用がメインでしたが、「パケット使い放題」などのプランにより、Webサイトの閲覧も増え …

no image

Google analyticsを使う際に出てくる用語を紹介

ここでは、Google analyticsを使う際に出てくる用語を紹介したいと思います。 ・コンバージョン(転換)とコンバージョン率(転換率) サイトの販売力や営業力を計るうえでもっとも重要な数値とな …

no image

グーグルアクセス解析設置してみよう

ネットショップを運営している人なら、自分のショップのアクセス状況は気になるはずです。どんな人が、どこからのリンクをたどって訪れているのか、アクセスが多いのはどの時間帯かといった情報がわかれば、より効果 …

no image

レンタルサーバーには専用サーバーと共用サーバーがある

レンタルサーバーには、「専用サーバー」と「共用サーバー」があります。共用サーバーは1台のサーバーを複数の利用者と共有するもの。専用サーバーに比べると容量が小さく、共有している人の影響で速度が低下するな …