健康

砂糖断ちで好転反応!短い期間で高い効果!やり方も簡単で肌きれい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

砂糖断ちで好転反応があるのをご存知でしょうか。

ほっぺたにニキビがひとつできても、人に会うのがおっくうになるというのに、私の場合には、赤くブツブツと小さな吹き出物が顔中に出たり、カサッとした皮が肌の上に一枚はりついたような不快な状態が続いていたのです、と語るある人。

あらゆる皮膚科病院をたずね、漢方薬、民間療法などなど、良いということはすべて試しましたが、一時しのぎばかりで完治しませんでした。ところが、砂糖断ちでを始めて四カ月目にブツブツが消え、いまはもう肌の悩みは一おしろい切ありません。

砂糖断ちで好転反応はもちろん体重です!砂糖断ちをするわけですから、当然、体重もゆっくり確実に落ちてきます。私の場合には、十分な量の食事をしながらも一週間に百グラムから二百グラムずつ砂糖断ちをしていきました。

砂糖断ちで好転反応がありました。普段は洗って化粧水と白粉だけ。まるで少女時代のようにお化粧なしのプルンとした元気な肌が戻ってきました。

砂糖断ちで好転反応で、顔と首のあたりがほっそりし、次にお腹の肉が落ちます。あんなに好きだった和菓子を見ても、おいしそうな焼きたてパイを見ても「食べたい」という、かつての記憶が一瞬だけよみがえるものの、それを目の前にしている私のカラダは甘さを拒否しているのです。

砂糖断ちで好転反応が起こる

砂糖断ちによる好転反応で、すべすべの肌、つるんとしてクシの通りのいい髪、そしてなによりも少しずつ確実に減っていく体重!もう感動の日々でした。砂糖断ちで、力ラダが甘さを拒否するようになったこれほど、はっきりと「いいこと」を見てしまうと、あとは続けるのが楽しみになります。

不思議なことですが、人間のカラダが要求する甘さというのは、本当はアミノ酸に存在するグリココルという、人間の味覚が感じる甘みなんです。牛肉などの肉類にふくまれてるから甘い物が欲しくなったら、本当は砂糖じゃなくてステーキを食べればいいのです。

本当にカラダが欲しているグリココルという本物の甘みじゃなくて、化学薬品のような砂糖でとるから、本当の意味では満たされず、とった分だけカラダが欲する。とればとるほどまたいくらでも欲しくなるのです、とこの方は語っています。

砂糖断ちで好転反応が出るのは本当らしいので、試してみる価値はあるかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加