雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

サスペンダーをつけた着こなしに挑戦してみよう

投稿日:

・サスペンダーに挑戦してみる

いちいちべルトをべルト通しに通さなくても良い。食事のあとでべルトをゆるめなくても良い、などなど、サスペンダーを使うことのメリットはいくつもあります。サスペンダーを使ったことがありますか?パンツ(ズボン)をはくための、あのゴム紐をうんと立派にしたようなズボン吊りのことです。

サスペンダーは大きく分けて、田金式とタブ式とがあります。前者は金属のクリップでズボン上部をはさんで留めるもの。後者はサスペンダー下端のボタン・ホールで留めるもの。最大の効用は、ズボンのはき方が上手になることでしょう。また、結局のところ少し脚が長くなったような気持ちにもなれる。少なくともべルトの場合と較べて、ズボンが実はもっと上に上がるのだ、ということに気づくはずです。

もちろんシャツ姿にもサスペンダーは可能です。白いシャツに白いサスペンダー。ブルーのシャツにブルーのサスペンダー、ピンクのシャツにピンクのサスペンダー。何色か揃えて楽しんでみましょう。ただしこの場合の遊び方としては、シャツの色とサスペンダーの色を揃えてみる。

より身体にフィットした気分で

ウエストバンドの裏あたりに小さなボタンを付けておけば良いのです。必ずしも三つ揃い背広だけでなく、チョッキを着る場合には、サスペンダーは絶対におすすめです。もちろん好みでどちらを選んでも構いません。ただし後者のほうがより正式で、よりクラシックなスタイルとされています。より身体にフィットした気分で、いつもより背筋が伸びるのではないでしょうか。

べルトの色は靴の色に合わせるというのが常識ですが、サスペンダーの色はシャツに合わせるのもひとつの方法なのです。ポイントとしては、サスペンダーの色をシャツに合わせるのがひとつの方法であり、あまりシャツの色とかけ離れた色を選ぶのは、初心者の方には少し危険です。サスペンダーは、1本だけでなく数本持っていると、重宝します。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

フレンチコネクションなどの店舗がすばやい回転ペースをめざすか

ファッション・ヴィクティムの場合、今も買い物の過程そのものを楽しいと感じるようなところがある。店内を見て回って、服を試着したり、生地を触ってみたりして楽しむわけである。ショッピングの科学の著者、パコ・ …

no image

百円ショップの活用上手なある主婦のお話

テレビ番組で百円ショップの商品を使った収納法などという企画がよく組まれていて、主婦の方々はいろんなアイディアを思いつくものだな、と感心します。残念ながら、私にはそういった才能はありませんが、最近、近所 …

no image

アパレルマーケットが恐ろしいほど均一なものになるのは

デザイナーはみんなテキスタイル・フェアで生地を揃えるんだけど、そこに買い物に行くと、いきなりプリント生地のプースばかりが延々続いている、なんてこともある。すべてテキスタイル市場のせいなの。デザイナーが …

no image

トップのファッションライターならまだ批判的な記事を書く余裕があるが

トップ・クラスのファッション・ライターなら、まだ批判的な記事を書く余裕がある。デザイナーへのアクセスが絶たれても、即、食い扶持に困るというわけではないからだ。つまりは、カメラのフレームの中でインタビュ …

no image

広告メッセージを視聴者に伝える新たな方法を探すことが急務

二〇〇二年の調査では、ティーヴォ加入者の七一%がコマーシャルを飛ばしていることがわかり、企業側としては、広告メッセージを視聴者に伝える新たな方法を探すことが急務となっている。今では、彼らはテレビ番組と …