雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

産油地域の中心に軍事基地を有する権利の獲得が米国政府の目的

投稿日:

米国政府のイラクにおける目的の一つが、産油地域の中心に軍事基地を有する権利の獲得であるとは以前から予想されていたが、戦争終結後、まさにその通りの報告がなされた。米国企業は中央アジアの資源を支配するグレートゲームで今のところ優位に立った。これらの基地は、遥かに重要なペルシャ湾の包囲網を拡大する役目も果たしている。これまで公然と議論されたことがなく、国内では全く話題にならなかった二つの事柄は石油と金だと、ボブ・ハーパーは論じた。

考えうる目的に関しても、戦争の終結と共に情報が公開されるようになった。アメリカとイスラエルの関係も、こうした一般的な背景の中でおおむね築かれてきた。こうした重大問題は黒幕の大物たちに任され、その多くが今では利益を得ている。イスラエルなら中東で戦略的に優位に立つ手段をアメリカに提供し、落ち目のイギリスの分を補ってくれるかもしれない、と統合参謀本部は示唆した。

軍事力に感銘を受けた米統合参謀本部は

一九四八年に、イスラエルの軍事力に感銘を受けた米統合参謀本部は、この地域においてはトルコに次ぐ二番目に強大な軍事力だとした。アイゼンハワー政権は主要な危機は三つあると考えた。インドネシアと北アフリカ及び中東である。一九五八年は世界的にきわめて重要な年だった。アイゼンハワーとダレス国務長官は、これらいずれの危機にもソ連は関与していないことを強調した。

いずれも産油国とイスラム政治勢力が関係していて、当時、そうした勢力は非宗教的存在だった。北アフリカで危惧されていたのはアルジェリアの独立闘争であり、アメリカはそれに対して早期の解決を望んだ。問題はお馴染みの厄介もの、つまり急進的ナショナリズムだった。インドネシアでは犯人はスカルノだった。そのせいで大衆を基盤とする貧しい農民の党が影響力を高めていた。彼は軽蔑すべき非同盟運動の指導者の一人であり、過度の民主主義を横行させている男でもあった。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

ブッシュの外交政策に見られる腕に落ちない二重性を指摘

重要なポイントは、国防総省の立案者であるボール・ウォルフォウィッツによって明確に述べられた。どうすれば最もアメリカ人の役に立てるのか、考えてみましょうと言うべきなのだ、と彼は主張した。彼もトルコ政府の …

no image

キューバに対するアメリカの経済戦争は国際フォーラムで強く非難された

キューバに対するアメリカの経済戦争は、ほぼ全ての国際フォーラムで強く非難され、通常は迎合的な米州機構の司法委員会ですら経済戦争は違法だと宣言している。見せかけの援助はなされたが、印刷物の細かい文字に隠 …

no image

イラクを攻撃した後イラクの囚人が同様の扱いを受けていた

イラクを征服した後には、イラクの囚人が同様の扱いを受けていたことを示す証拠がすぐさま明るみに。司法省の査察官ですら痛烈な報告書を提出して非難したが、本省は無視した。 キューバの中で今もアメリカの占領下 …

no image

自国の破壊兵器を増強しながら他国には手放させようとしていると批判

アメリカを含む諸国は、自国の破壊兵器を増強しながら、他国には手放させようとしていると真っ向から批判した。トルコでは、政府与党における民主主義の資格の欠如ぶりが更に露呈された。同党の実質上の指導者レジェ …

no image

世界の世論はブッシュ政権の戦争計画と好戦的な姿勢には反対だった

エリートの抱く危惧の念は、ブッシュ政権の急進的なナショナリストが世界の世論に与える影響にまで及ぶ。こうした事実は、間違いなく指導者への信頼が全体的に低下した要因だ。世界の世論はブッシュ政権の戦争計画と …