雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

サンタフェにレッドメルロト色を新規適用

投稿日:

現代自動車新型サンタフェ5人乗りが既存の2つのトリムで4つに増える。現代車は5人乗りモデルを2.0 2WD前トリムに拡大適用して「レッドメルロト(Red Merlot)」の色を新規適用して販売を開始すると、明らかにした。既存のモデルの場合、5人乗りのシートは、2.0 2WDモデルのスマート(Smart)とモダン(Modern)など2つのトリムのみ基本適用され、その他の2.0 2WDモデルプレミアム(Premium)とエクスクルーシブ(Exclusive)には、7人乗りシートが基本適用されてきた。

5人乗りシートの拡大適用に応じて、この二つのトリムの販売価格は50万ウォンずつ引き下げされ、また、7人乗りシートはオプションで選択できるようになった。オプション価格は、以前と同じように、50万ウォンである。5人乗りモデルの拡大とともに新規適用された「レッドメルロト(Red Merlot)」は、強烈な赤い色で、色名フランスボルドー地方とイタリアヴェネト地方で栽培されてボルドーワインを代表するブドウ品種を指す「メルロト(Merlot)」を組み合わせて作られた。

現代車はレッドメルロト(Red Merlot)色の追加で白、銀、黒系に次いで9つの外付けカラーで多様な個性を希望する顧客を満足ささせる計画である。現代車の関係者は、「強烈で情熱的な感じの新規色とシートの多様化を介して選択の幅を広げた」とし「国内SUVの販売の記録を継続している新型サンタフェの行進が続くことを期待する」と明らかにした。

第四モデルV60 2.0ディーゼルを発売

ボルボ自動車コリアは2.0リットルのディーゼルエンジンを搭載した第四モデルV60 2.0ディーゼルを発売した。新車に搭載された直列5気筒ターボディーゼルエンジンは、最大出力163馬力、最大トルク40.8kg.mを発揮する。特に最大トルクが日常生活で主に使用されるエンジン回転数の区間で出てくるので、無理して加速していなくても、果敢に打っていく力を感じることができる。

2.0ディーゼルエンジンは、2.4ディーゼルエンジンとサイズは同じですが、燃費が高い。公認燃費は14.0km /ℓ、CO2排出量は141g / km。V60 2.0ディーゼルはSUVレベルの広い空間を備え、快適な余暇活動を楽しむことができ、トランクスペースも余裕である。4対2対4で後部座席が折り畳まれた貨物スペースに追加することができる。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

自動車の居住性とは座席に座っているときの居心地の良し悪しのこと

自動車の居住性とは、座席に座っているときの居心地の良し悪しのことで、英語では空調も含めてアメニティ(快適さ)といいます。居住性の評価は四人乗りの車に対しては当然四つのシートについて行わなければなりませ …

no image

パワートレインを搭載した2012 K5を発売

起亜自動車が新規パワートレインを搭載した「2012 K5」を発売した。初お目見えした「2.0ターボGDi」ガソリンモデルに続き、最先端の横に2.0 LPiエンジン(既存のシータ2.0 LPiエンジン) …

no image

女性のクルマ選びで注意したいこと

ローン完済を考えれば、30代半ばでそろそろ実行に移さなければなりません。結婚して子どもができて、都市生活者にとって次の目標といえば、夢のマイホーム。ここでひとつ問題が起こります。さて、やっと手に入れた …

no image

高級というイメージを輸入車に持つ人は未だに多いが

今の国産車は、悲しいことに誰が作ったのか分からない無国籍車になってしまった。しかも、そのおかげで世界で売れるクルマになった。それを喜ぶべきか憂うべきかは、輸入車に乗り、その強いメッセージに耳を傾けてみ …

no image

マツダロードスターの評価-日本が世界に誇る後輪駆動のコンパクトカー

マツダロードスターは、日本が世界に誇る、後輪駆動のコンパクトスポーツカー。クルマ好きには実に魅力的なクルマで、コンパクトなボディは日本の峠道に最適で、後輪駆動だからアクセル操作による挙動のコントロール …