雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

すぐに見つかる!老健医師の転職を支援する会社を紹介

投稿日:2014年11月17日 更新日:

老健、いわゆる、介護老人保健施設は、超高齢化社会に向かっている現在において、採用ニーズが高まってきています。老健医師の募集をしている求人案件では、色々な業務をこなすことができる、中堅、ベテラン医師の募集をかけられることが多いようです。

老健医師の求人はそれほど多くはないですが、転職支援サービスを利用すると、比較的多くの求人を見つけることができます。エムスリーキャリア医師転職ドットコムなどの、求人保有数の多いサービスを利用しますと、かなり見つけやすいと思います。

超高齢化社会になっていく今後を見据え、介護老人保健施設の数が増えてきていますので、これから老健の求人は増えていくでしょう。

転職支援サービスは、他にも、リクルートメディカルキャリアや、MCドクターズネットDr.転職なび40代50代60代の医師転職ドットコムなどのサービスもあります。

健康管理業務が主の老健

老健医師の仕事は、入所者の方々の健康管理業務がメインとなります。働く施設によりますが、仕事自体は比較的ゆったりとした感じのようです。ただ、書類の作成業務が多くなる傾向があります。老健で働く場合には、診察だけではなく、書類作成業務が多くなるということは覚悟しておいたほうがいいでしょう。

給与の平均は、年収1000~1400万円くらいとなります。多いところだと、年収1600万円くらいになる場合もあります。

介護老人保健施設施設長は、医者でないといけません。介護老人保健施設施設長が、入所者の方のかかりつけのお医者さんになるということになります。施設の施設長となることができるというのは、大きな魅力かもしれません。

介護施設は、地方にたくさん存在します。都市部にかなり多く存在しますが、地方にも多く存在しますので、地方で働いてみたい方におすすめです。施設のかかりつけ医として、患者様と密接に関わることができますので、仕事に大きな喜びを感じられるのではないかと思います。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

メディカルモールといわれる病院ビルはどうなのか

開業するよりはるかに収入が少なく、夜中の勤務など忙しいことの多い中小病院(とくに地方の)がますます医者不足になっている。こんな話を書くと、自分もビル開業ならやってみたいと思った人は少なくないだろう。そ …

no image

研修が必修化されてから

研修が必修化される前は、医学部を出て国家試験に受かれば、医者の仕事ができたが、研修が必修化されてから、研修せずに基礎の大学院に入ると、医者のアルバイトができなくなった。そのため基礎医学の大学院が不人気 …

no image

産婦人科の医師が重宝するであろう求人紹介サービスとは?

産婦人科は、医師不足が叫ばれている分野で、産婦人科医を求める医療機関は多くあります。産婦人科医の数が少ないので、求人募集をかけても、人が集まらないということがよくあると言います。 特常勤の産婦人科医師 …

no image

DVと共依存の関係

DV問題を抱えている夫婦の場合、一般的に加害者が一方的に被害者に執着しているように見えるが、そうとは限らない。DVの問題を抱えた夫婦関係では、被害者の側も加害者を必要としているとも言えるのだ。 加害者 …

no image

医師国家試験は実はそんなに難しくないという意見もある

国家試験をパスしないと医者になれないわけだが、この国家試験は実はそんなに難しくないという。大学時代にちゃんと勉強していれば、すんなり合格するような基本的な問題ばかりのようだ。ところがこの試験に落ちるの …