雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

山岳地形と読図に習熟する

投稿日:

・地図は見るのではなく読むべし

地図はいろいろな約束事の上に作成されています。2万5000分の1の地形図で、説明しましょう。約束事を手掛かりにして、収められている情報を暗号を解くように読み取って行きます。読図という言葉があります。文字通り、図を読み取るという意味です。

名のある大きな山の場合もあれば、ちょっとした凸つばりでしかない場合もあります。〇に向かって凹んでいる等高線は谷になります。〇は、大小はともかく山、ピークです。等高線と等高線の間は、高度mメートルと約束されています。そして、3メートル毎に計曲線と呼ばれる太い線が引かれています。

地形と高度を示す等高線は、〇く輪が閉じているところから外側へ、等高線がでっばっている部分は尾根を表現しています。約束事は、縮尺です。2万5000分の1図上の1センチメートルは、実際には2万5000倍ですから、2万5000センチメートル。0を二つ取って、250メートルであることが読み取れます。ちなみに、5万分の1図では等高線間は20メートルで、計曲線は100メートル毎になります。

ここで問題です。ちょっと考えてみてください

さて、ここで問題です。ちょっと考えてみてください。2万5000分の1図上で、A点からB点まで5センチメートルあり、計曲線を8本数えました。A点からB点まで、何メートルあって、何メートル登ることになりますか?

答えです。計曲線は3メートル毎に引かれているので、高さは%メートル×8=400メートルになります。前述した通り、2万5000分の1図上の1センチメートルは250メートルなので、距離は250メートル×5=1250メートル。これにより短い距離であるものの、かなりの急坂であることが読み取れます。こういったことがあるので、地図は読むもの、ということが言われるわけです。地図を読めるようになるには、何度も地図を見て、地図を見ることになれることから始めて行きましょう。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

山でのルール、モラルをしっかりと子供に教えよう

子供と山にハイキングに行く場合、山でのモラルを子供に忘れず教えよう。そして、山では一日一善は励行したい。また、山でストーブを使うことになった場合には、ストーブの使いかたをしっかり子供にも身につけさせる …

no image

防寒、保温の徹底で子供を守る

そりで引くにしろ、キャリアで担ぐにしろ、防寒保温は徹底すること。素材でいえば、木綿はタブー。何枚もレイヤードしておき、必要に応じて加減する。防風・防水・透湿性の高いアウターウェアも重要なアイテムだ。ウ …

no image

山小屋では消灯後朝食まではサイレントタイム

・山小屋では消灯後朝食まではサイレントタイム 山小屋に到着したら、速やかに受け付けを済ましましょう。その際、部屋の場所、乾燥室や談話室の有無、夕食・朝食の時間、消灯時刻、水やお湯はもらえるのか、また有 …

no image

登山用レインウェアはツーリングの際におすすめ

自転車用トレーラーでツーリングをする際、普通の登山用レインギアが十分役に立つ。ポンチョはスソがパタパタし、チェーンやスポークにからまるのでダメ。すぐにあがりそうな雨なら、自転車用トレーラーを閉めきれば …

no image

偏角の数値は地域によって変わる

・尾根の配置を見取る 周囲の尾根の配置を日で読み取り、それと同一の配置の尾根を地図上で探すことで現在地の把握ができます。 ・東北と磁北 偏角の数値は地域によって変わります。磁石は北を知る道具と書きまし …