雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

山岳地形と読図に習熟する

投稿日:

・地図は見るのではなく読むべし

地図はいろいろな約束事の上に作成されています。2万5000分の1の地形図で、説明しましょう。約束事を手掛かりにして、収められている情報を暗号を解くように読み取って行きます。読図という言葉があります。文字通り、図を読み取るという意味です。

名のある大きな山の場合もあれば、ちょっとした凸つばりでしかない場合もあります。〇に向かって凹んでいる等高線は谷になります。〇は、大小はともかく山、ピークです。等高線と等高線の間は、高度mメートルと約束されています。そして、3メートル毎に計曲線と呼ばれる太い線が引かれています。

地形と高度を示す等高線は、〇く輪が閉じているところから外側へ、等高線がでっばっている部分は尾根を表現しています。約束事は、縮尺です。2万5000分の1図上の1センチメートルは、実際には2万5000倍ですから、2万5000センチメートル。0を二つ取って、250メートルであることが読み取れます。ちなみに、5万分の1図では等高線間は20メートルで、計曲線は100メートル毎になります。

ここで問題です。ちょっと考えてみてください

さて、ここで問題です。ちょっと考えてみてください。2万5000分の1図上で、A点からB点まで5センチメートルあり、計曲線を8本数えました。A点からB点まで、何メートルあって、何メートル登ることになりますか?

答えです。計曲線は3メートル毎に引かれているので、高さは%メートル×8=400メートルになります。前述した通り、2万5000分の1図上の1センチメートルは250メートルなので、距離は250メートル×5=1250メートル。これにより短い距離であるものの、かなりの急坂であることが読み取れます。こういったことがあるので、地図は読むもの、ということが言われるわけです。地図を読めるようになるには、何度も地図を見て、地図を見ることになれることから始めて行きましょう。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

夏山トレッキングの際の服装はどんなものがいいの?

大雪山系トムラウシ山の遭難事故では、なぜ下山を強行したのか、なぜ避難小屋に戻らなかったのか、疑問を呈されているところですが、さて、夏山登山で携行すべき防寒着は、フリースのジャケット1着でいいと思います …

no image

ガイドブック等の地図を中心に使っている場合が多い

最近の登山者をみていますと、コースタイムが書いてあるガイドブック等の地図を中心に使っている場合が多いようです。これらは山小屋の位置、水場などが記載され便利ではありますし、地形図と併用しながら補助的には …

no image

山での落雷対策や嵐の際の注意点

事故のリスクを最小限に抑えるため、知っておきたいことをあげたい。毎年落雷による死傷事故が起こっている。アウトドア人間には無視できない事実である。雷が鳴っているのに、そのまま子供との遊びを続けるのは危険 …

no image

里山の自然林-地表は腐植土に覆われ昆虫の棲み家

近年、自然と人間との共存が叫ばれているが、環境への負荷の少ない自然循環型の地域経済づくりに、里山は大きな貢献をしている。いわば、自然と人間の共生の場になっているのである。その景観を守ることだけでなく、 …

no image

とあるハイカー・クライマーの集いでのパネルディスカッション

子どもを作ることを真剣に考え始めたころ、とあるハイカーの集いでパネルディスカッションがもたれ、私達もスピーカーとして出席した、というある登山家。順番がまわってきて話し始めたとたん、感情が涙とともに張を …