雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

山岳救助要請をするかは天候やパーティーの状況で判断

投稿日:

遭難者を探しに行く場合、荷物が重い場合はその場に置いて必要最低限のものを持ち探しに行きます。人数がいれば現在地を中心としてもと来た道を探します。印をつけながら探します。天気がよい時は木に登ったり見晴らしのよい所に行き探します。見つからない時は、探しに行くついでに携帯電話や無線機の交信が可能か確認します。見つかったら印をつけ現在地に戻り、全員を誘導します。

救助要請するかは天候やパーティーの状況で判断します。できるだけ動き回らず体力の消耗を押さえます。可能なところがあれば、状況を連絡します。明るくてもわからない所は暗くなればますますわかりません。着るものをすべて着込み、ツエルトなどを持っていればかぶります。ビバークするなら寒さや風雨をできるだけしのげる所でします。昼に視界がない場合でも夜に天候がよくなり月明かりで現在地がわかる場合もありますので天候の変化には注意しましょう。できるだけ食料を食いつなぎ救助を待ちましょう。

下山予定最終日が過ぎれば捜索が始まります

計画書が出ていれば下山予定最終日が過ぎれば捜索が始まります。捜索のへリから遭難者は見えにくいものです。稜線上では手を振るだけでなく、白い服などを持って振り回し、へリがこちらを見つけたら身体の側で上下に振ります。鏡で太陽を反射させる。木をゆらす。ストロボをたく。楚き火で煙を出すなど工夫しましょう。水があれば、できるだけ尾根筋にいる方が見つかる確率が高くなります。

捜索はまず尾根筋から始まります。そこで見つからなければ沢筋に移ります。いずれにしても生還した人に共通していることがあります。それは生還するんだという強力な意思です。事故は未然に防ぐことが一番よいわけですが、起こしてしまったら果敢に立ち向かう精神力が大切です。自然は大きく、人間は相変わらずちっぽけな存在であることもよく自覚してください。また、遭難をしてしまっても最後まであきらめないことです。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

カヌー遊びでは子どもは安全装備をつけていることは絶対条件

カヌー遊びでは子どもは安全装備をつけていることは絶対条件。 カヌーで遊ぶ親であるあなたが、カヌーの基本をしっかりマスターしていること。子どもは安全装備をつけていること。それがカヌー遊びの条件だ。カヌー …

no image

計画を立てる際にリーダーがいたほうが利点が多い

みんなで計画を立てる場合は、発言には責任を持たなくてはならない。口先だけの無責任発言、これもルール違反である。もっと厳しく言えば、ルール違反者は、二度とグループに参加させてはいけない。そうでないと山登 …

no image

新聞を使ったご飯の炊き方

アウトドアでは、鍋や釜といった調理道具を使わなくたって、料理はつくれる。いや、アウトドアで、美味しい料理だってできる。串一本あれば、肉や魚を火にあぶって食べることができるし、アルミホイルで包んだり、あ …

no image

登山靴選びの注意点やポイント

登山スタイルの善し悪しなどは生死に関わらないが、靴だけはきちんと選ぶべきである。足の痛みの原因の多くは、足幅である。幅が狭い靴を履いていると、足の甲を形成している内部の指骨が横から圧迫され、次第に激し …

no image

登山家が残した名言やいろんな本を読んでいくことの重要性

自分の目的の山だけ書いてあるのはまれで、ほとんどは一冊にまとまった文集になっているわけですが、先人がどのようにその山をあるいは周辺を見たか感じたかを学ぶのはとても大切なことだと思います。自分の感性を磨 …